ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

領域大気質モデル間相互比較プロジェクト
J-STREAMの成果公開

J-STREAMの概要

2016~2018年度の3年間実施した(独)環境再生保全機構の環境研究総合推進費研究課題5-1601「大気中の二次汚染物質に対する発生源寄与推計と対策立案に資する規範的モデルの確立」では、Japan's Study for Reference Air Quality Modeling (J-STREAM)と題し、領域大気質モデル間の相互比較を通して、規範的なモデルの確立と、そのために必要な排出インベントリや観測データの整備を行ってきました。

このウェブサイトでは、J-STREAMで得られたさまざまな成果を公開します。

1.規範的モデル手引書

作成中

2.ツール

  • 排出量データ変換ツール emis2cmaq_jstream
排出量データを変換し大気質モデル入力用排出量データファイルを作成するためのツールです。

  • 排出量データファイル結合ツール cmaq_emis_merge_jstream
複数の大気質モデル入力用排出量データファイルを結合するためのツールです。

  • 汎用データ解析ツール jstream_tools
大気質モデル出力ファイルの加工・解析・描画を行うためのツールです。

3.サブモデル

  • 硫酸塩の冬季過小評価改善に向けたサブモデル
モデルによる硫酸塩の冬季過小評価の改善に向けて開発されたサブモデルです。

4.土地利用データセット

  • WRF土地利用データセット
日本域を対象に詳細な植生データから領域気象モデルWRFへの土地利用入力データを構築したものです。

5.排出量データセット

  • 固定発生源排出量データセット(2018年9月版)
日本の固定発生源を対象に構築した排出量メッシュデータとモデルへの変換係数など一式を揃えたデータセットです。

  • J-STREAM排出量データ変換用データセット
J-STREAM相互比較計算(3回目)で使用した上記固定発生源排出量以外の全ての排出量データをモデル入力用データファイルに変換するための係数一式を揃えたデータセットです。

6.モデル入力データセット

  • J-STREAM相互比較計算(3回目)入力データセット
J-STREAM相互比較計算(3回目)の仕様で2015年12月~2018年8月までの各日のモデル入力用データファイルを全て取り揃えたものです。

7.モデル出力データセット

  • J-STREAM相互比較計算結果提出データセット
J-STREAMにおける1回目(2013年冬~2014冬までの5季節)、2回目(2016年冬、2017年春、夏)、3回目(2016年冬、未定)を対象に、相互比較計算参加者から提出された計算結果のデータセットです。利用を希望される場合は条件等について担当者にご相談下さい。

投稿論文