ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

 いよいよ8月、夏本番と言いたいところだが、7月後半から過ごしやすい日が続いている。今も執務室では開いた窓から爽やかな風が入ってきて冷房なしで過ごせている。今年は、梅雨が平年より10~15日早く明けたと報道があった。しかし最近はまるで梅雨に戻ってしまったかのような天候続きだ。実際、新潟、福島では大雨で大きな被害が出た。あまりに早い真夏の到来かと思いきや、はぐらかされた感がある。暑さに身体が順応していないと熱中症で倒れる方が多いという報道も最近よく耳にする。「蝉の大合唱も遅れ気味」との新聞記事も先日目にした。人間も虫もまだ真夏への準備が出来ていないこの状態は、ちょっと心配だ。また真夏日が本当に来るのだろうか。この号が発行される頃はどうなっているのだろう。何かが変だ。と思うのは私一人ではないと思うが・・・・・。

(M.W.)

関連新着情報

表示する記事はありません

関連研究報告書

表示する記事はありません