ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2020/10/19 17:59:00

松永 恒雄

MATSUNAGA Tsuneo

松永 恒雄
氏名
松永 恒雄(まつなが つねお)
所属/職名
地球環境研究センター(衛星観測センター)/センター長
研究課題
環境及び地質のリモートセンシング
学位の種類
博士 (工学)
専門とする学問分野
工学
専門とする環境分野
環境監視
関心のある研究、実施してみたい研究
地球観測衛星を用いたアジア地域の環境監視
所属学会
日本リモートセンシング学会,地理情報システム学会
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • 書籍
  • その他
  • Chapter 5 Classification of Seagrass Beds by Coupling Airborne LiDAR Bathymetry Data and Digital Aerial Photographs
    発表者 : Ishiguro S.(石黒聡士), Yamada K., Yamakita T., Yamano H.(山野博哉), Oguma H.(小熊宏之), Matsunaga T.(松永恒雄)
    掲載誌 : Aquatic Biodiversity Conservation and Ecosystem Services, 59-70  (2016)
  • 9.Hyperspectral Imager Suite (HISUI): Japanese Spaceborne Hyperspectral Imager for Resource and Environmental Mapping
    発表者 : Matsunaga T.(松永恒雄), Iwasaki A., Tsuchida S., Tanii J., Kashimura O., Nakamura R., Yamamoto H., Tachikawa T., Rokugawa S.
    掲載誌 : Optical Payloads forSpace Missions, 215-222  (2016)
  • Hyperspectral Imager Suite: Japanese Spaceborne Hyperspectral Imager for Resource and Environmental Mapping
    発表者 : Matsunaga T.(松永恒雄), Iwasaki A., Tsuchida S., Tanii J., Kashimura O., Nakamura R., Yamamoto H., Tachikawa T., Rokugawa S.
    掲載誌 : Optical Payloads for Space Missions, 215-222  (2015)
  • Linking Carbon Dioxide Variability at Hateruma Station to East Asia Emissions by Bayesian Inversion
    発表者 : Zeng J.(曾継業), Nakajima H.(中島英彰), Matsunaga T.(松永恒雄), Mukai H.(向井人史), Hiraki K.(開和生), Yokota Y. (横田康弘)
    掲載誌 : Lagrangian Modeling of the Atmosphere, 163-172  (2012)
  • 16 サンゴ礁-生物によって形成された地形
    発表者 : 山野博哉, 松永恒雄
    掲載誌 : 宇宙から見た地形−日本と世界−, 69-71 (2010)
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演