ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2017/10/05 16:14:07

野原 精一

NOHARA Seiichi

野原 精一
氏名
野原 精一(のはら せいいち)
所属/職名
生物・生態系環境研究センター(生態系機能評価研究室)/室長
研究課題
流域生態系における環境影響評価手法の開発
学位の種類
理学博士
専門とする学問分野
生物学,理学 ,水産学
専門とする環境分野
湿地生態学,陸水学,植物生態学
自分の強みのキーワード
環境アセスメント,安定同位体分析,水文地形学,景観生態学,生物多様性,物質循環,生態系機能,水生植物,マングローブ,湿原
研究概要
 最近は河川河口域における塩生湿地・干潟及び藻場の水文地形学及び景観生態学的なユニット構造を航空機リモートセンシングにより抽出し、ユニット毎に一次生産や分解速度等の物質循環機能と生物分布・群集構造を明らかにして生物多様性の実態と生態系機能への人為影響を調べている。生態系の遷移に影響を及ぼす土砂堆積等の環境要因を特定し、上流における人為かく乱の影響を評価している。これらを基に、沿岸域における自然共生度の評価指標を開発している。河口域に存在する塩生湿地・干潟及び藻場を対象に炭素窒素安定同位体比を指標にした物質循環に及ぼす人為影響と生物多様性の実態を明らかにしている。
URL
http://www.nies.go.jp/asia/kenkyusha/nohara_seichi.html
所属学会
日本陸水学会,環境アセスメント学会,日本写真測量学会,種生物学会,日本地球惑星科学連合,日本マングローブ学会,日本生態学会
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • 書籍
  • その他
  • 湿地機能の歴史的背景
    発表者 : 野原精一
    掲載誌 : 湿地環境と作物 (2010)
  • 7.5 マクサ群落の衰退と栄養塩環境
    発表者 : 高瀬智洋, 黒川信, 野原精一, 田中優平
    掲載誌 : 藻場を見守り育てる知恵と技術 (2010)
  • 9章 海域生態系への陸域系負荷とその緩和技術
    発表者 : 野原精一, 井上智美, 広木幹也
    掲載誌 : アサリと流域圏環境−伊勢湾・三河湾での事例を中心として(水産学シリーズ) (2009)
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演
所の刊行物
委員会活動
  • 2017年度 : 文化審議会専門委員(文化財分科会)  (文化庁 文化財部伝統文化課)
  • 2017年度 : [連携]非常勤講師(環境分析化学) (千葉大学大学院園芸学研究科)
  • 2016年度 : 東京湾浅場造成事業環境検討会構成員 (国土交通省 関東地方整備局)
  • 2016年度 : 「熊本地震による天然記念物の保全対策検討業務」企画審査会委員 (文化庁 文化財部記念物課)
  • 2016年度 : [連携]非常勤講師(土壌肥沃度論) (千葉大学大学院園芸学研究科)
  • 2015年度 : 文化審議会専門委員(文化財分科会)  (文化庁 文化財部伝統文化課)
  • 2015年度 : 第4次尾瀬総合学術調査検討委員 ((公財)尾瀬保護財団)
  • 2015年度 : 東京湾浅場造成事業環境検討会構成員 (国土交通省 関東地方整備局)
  • 2015年度 : 平成27年度重要生態系監視地域モニタリング推進事業(陸水域調査)有識者委員 (環境省 自然環境局生物多様性センター)
  • 2015年度 : 重要生態系監視地域モニタリング推進事業(モニタリングサイト1000)第2期陸水域調査の検討会及び分科会委員 (環境省 自然環境局生物多様性センター)
  • 2015年度 : [連携]非常勤講師(短期フィールドワーク) (広島大学大学院医歯薬保健学研究科)
  • 2015年度 : [連携]非常勤講師(環境分析化学) (千葉大学大学院園芸学研究科)
  • 2014年度 : 文化審議会専門委員(文化財分科会) (文化庁 文化財部)
  • 2014年度 : 東京湾浅場造成事業環境検討会構成員 (国土交通省 関東地方整備局)
  • 2014年度 : 平成26年度重要生態系監視地域モニタリング推進事業(陸水域調査)有識者委員 (環境省 自然環境局生物多様性センター)
  • 2014年度 : [連携]非常勤講師(短期フィールドワーク) (広島大学大学院医歯薬保健学研究科)
  • 2013年度 : 文化審議会専門委員(文化財分科会) (文化庁 文化財部)
  • 2013年度 : 東京湾浅場造成事業環境検討会構成員 (国土交通省 関東地方整備局千葉港湾事務所)
  • 2013年度 : [連携]非常勤講師(短期フィールドワーク) (広島大学大学院医歯薬保健学研究科)
  • 2013年度 : モニタリングサイト1000(陸水域調査)有識者委員 (環境省 自然環境局生物多様性センター)
  • 2013年度 : [連携]非常勤講師(環境分析化学) (千葉大学大学院園芸学研究科)
  • 2012年度 : 福島県尾瀬保護指導委員会委員 (福島県生活環境部)
  • 2012年度 : 港湾分野の環境アセスメント技術検討委員会 (国土交通省 港湾局)
  • 2012年度 : モニタリングサイト1000(陸水域調査)有識者委員 (環境省 自然環境局生物多様性センター)
  • 2012年度 : [連携]非常勤講師(環境分析化学) (千葉大学大学院園芸学研究科)
  • 2011年度 : 島根大学大学院生物資源科学研究科地域再生人材養成連携推進会議委員 (島根大学大学院生物資源科学研究科)
  • 2011年度 : 東京湾奥地区水底質環境改善効果評価検討委員会委員 (国土交通省 関東地方整備局千葉港湾事務所)
  • 2011年度 : 平成23年度サイエンス・パートナー・プロジェクト(SPP)講師 (千葉県立国府台高校)
  • 2011年度 : モニタリングサイト1000(陸水域調査)湿原分科会委員 (環境省 自然環境局生物多様性センター)
  • 2011年度 : [連携]非常勤講師(環境分析化学) (千葉大学大学院園芸学研究科)
  • 2010年度 : 三重県干潟・藻場等漁場環境保全創造事業懇談会委員 (三重県農水商工部)
  • 2010年度 : 福島県尾瀬保護指導委員会委員 (福島県生活環境部)
  • 2010年度 : 島根大学大学院生物資源科学研究科地域再生人材養成連携推進会議委員 (島根大学大学院生物資源科学研究科)
  • 2010年度 : モニタリングサイト1000(陸水域調査)事業有識者委員 (環境省 自然環境局生物多様性センター)
  • 2010年度 : 「サロベツ湿原と稚咲内湖沼群をモデルにした湿原・湖沼生態系総合監視システムの構築」検討会有識者委員 (環境省 総合環境政策局)
  • 2010年度 : [連携]非常勤講師(環境分析化学) (千葉大学大学院園芸学研究科)
  • 2009年度 : 三重県干潟・藻場等漁場環境保全創造事業懇談会委員 (三重県農水商工部)
  • 2009年度 : 北海道大学低温科学研究所共同利用委員会委員 (北海道大学低温科学研究所)
  • 2009年度 : モニタリングサイト1000(陸水域調査)有識者委員 (環境省 自然環境局生物多様性センター)
  • 2009年度 : [連携]非常勤講師(環境分析化学) (千葉大学大学院園芸学研究科)
  • 2008年度 : 三重県干潟・藻場等漁場環境保全創造事業懇談会委員 (三重県農水商工部)
  • 2008年度 : 福島県尾瀬保護指導委員会委員 (福島県生活環境部)
  • 2008年度 : モニタリングサイト1000陸水域調査湿原分科会検討委員 (環境省 自然環境局生物多様性センター)
  • 2008年度 : 東京湾奥地区水底質環境改善効果中間評価検討委員会委員 (国土交通省 千葉港湾事務所)
  • 2008年度 : [連携]非常勤講師(環境分析化学) (千葉大学大学院園芸学研究科)
  • 2007年度 : 干潟生態系の環境影響評価に関する技術懇談会委員 (環境省 総合環境政策局)
  • 2007年度 : 三重県干潟・藻場等漁場環境保全創造事業懇談会委員 (三重県農水商工部)
  • 2007年度 : [連携]非常勤講師(環境分析化学) (千葉大学大学院園芸学研究科)
  • 2007年度 : 港湾開発環境計画検討会委員 (愛知県建設部)
  • 2006年度 : 干潟生態系の環境影響評価に関する技術懇談会委員 (環境省 総合環境政策局)
  • 2006年度 : 福島県尾瀬保護指導委員会委員 (福島県生活環境部)
  • 2006年度 : 三重県干潟等漁場環境改善検討委員会委員 (三重県農水商工部)
  • 2006年度 : 三重県藻場(アマモ場)造成事業化推進検討委員会委員 (三重県農水商工部)
  • 2006年度 : [連携]非常勤講師(環境分析化学) (千葉大学大学院自然科学研究科)
  • 2005年度 : 東京都水産海洋研究推進プロジェクト八丈海域WG委員 (東京都産業労働局)
学会活動
  • 2016年度 : INTECOL : The 10tH INTECOL International Wetlands Conference
  • 2009年度 : 日本陸水学会 : 日本陸水学会庶務幹事