ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2017/10/05 16:14:25

松本 理

MATSUMOTO Michi

氏名
松本 理(まつもと みち)
所属/職名
環境リスク・健康研究センター/シニア研究員
研究課題
化学物質の健康リスク評価,発がん性と予測のための手法の開発
学位の種類
博士(薬学)
専門とする学問分野
薬学,生化学
専門とする環境分野
環境リスク,有害化学物質,大気環境
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • 書籍
  • 書籍
    第15章 職業上の安全と環境保健の専門家のための基本計算
    発表者 : 青木康展, 河原純子, 松本理, 道川武紘
    掲載誌 : 環境のための数学・統計学ハンドブック (2017)
  • 総説・解説
    有害大気汚染物質の発がん影響 −化学物質のリスク評価・管理の観点から−
    発表者 : 青木康展, 松本理
    掲載誌 : 呼吸器内科, 23(5):492-498 (2013)
  • 書籍
    Chapter7: Potency of air pollutants at DNA adduct formation and assessment by in vivo mutagenesis
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Sato H. (佐藤陽美), Matsumoto M.(松本理)
    掲載誌 : DNA Adducts: Formation, Detection and Mutagenesis (2010)
  • 総説・解説
    メラミンによるペットの急性腎障害の原因はシアヌル酸との共結晶であった
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : ファルマシア, 45(5):469-471 (2009)
  • 総説・解説
    環境のリスク解析-化学物質の健康リスクの例
    発表者 : 松本幸雄, 松本理
    掲載誌 : Estrela, (183):14-19 (2009)
  • 査読付き 原著論文
    環境リスクの諸側面-化学物質環境リスクを中心に-
    発表者 : Matsumoto Y.(松本幸雄), Matsumoto M.(松本理)
    掲載誌 : 計量生物学, 29((Spec.Issue 2)):S177-0 (2008)
  • 発表者 : Amanuma K.(天沼喜美子), Tone S., Masato N.(長屋雅人), Matsumoto M.(松本理), Watanabe T., Totsuka Y., Wakabayashi K., Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Mutat.Res., 656:36-43 (2008)
  • TCDD(この題目以外に多数の記述あり),
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典(日本リスク研究学会編,丸善,330p.), 16 (2008)
  • ロジスティックモデル logistic model
    発表者 : 兜真徳(*1), 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 294 (2008)
  • リスク因子 risk factor
    発表者 : 兜真徳(*1), 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 275-276 (2008)
  • ロジスティック分析 logistic analysis
    発表者 : 兜真徳(*1), 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 294 (2008)
  • 相対リスク relative risk
    発表者 : 兜真徳(*1), 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 166 (2008)
  • 発生率 incidence rate
    発表者 : 兜真徳(*1), 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 213-214 (2008)
  • ベンチマークドース BMD,BD: benchmark dose
    発表者 : 丸山若重(*1), 近本一彦(*2), 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 242-243 (2008)
  • 生活の質調整生存年数 QALYs: Quality Adjusted Life Years
    発表者 : 兜真徳(*1), 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 146 (2008)
  • バイアス bias
    発表者 : 兜真徳(*1), 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 205 (2008)
  • ばく露(曝露) exposure
    発表者 : 兜真徳(*1), 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 208 (2008)
  • 生涯発がんリスク lifetime cancer risk
    発表者 : 松本理, 兜真徳(*1)
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 130-131 (2008)
  • 関連性の強さ strength of association
    発表者 : 兜眞徳(*1), 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 67 (2008)
  • 交絡因子 confounding factor
    発表者 : 兜真徳(*1), 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 92-93 (2008)
  • 国際疾病分類 ICD: International Classification of Diseases
    発表者 : 兜真徳(*1), 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 95 (2008)
  • 障害調整生存年数 DALYs: Disability Adjusted Life Years
    発表者 : 兜真徳(*1), 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 130 (2008)
  • 揮発性有機化合物 VOCs: Volatile Organic Compounds
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 73 (2008)
  • 国際がん研究機関 IARC: International Agency for Research on Cancer
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 94 (2008)
  • コプラナーPCB coplaner polychlorinated biphenyl
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 99 (2008)
  • 催奇形物質 teratogen
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 105 (2008)
  • 参照用量 RfD: Reference Dose
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 112 (2008)
  • 神経毒性 neurotoxicity
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 138 (2008)
  • ダイオキシン dioxin
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 170 (2008)
  • 米国国家毒性計画 NTP: National Toxicology Program
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 237 (2008)
  • 浮遊粒子状物質 SPM: Suspended Particulate Matter
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 230 (2008)
  • 単位リスク unit risk
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 178 (2008)
  • ハザード hazard 3
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 209-210 (2008)
  • TCDD
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 16 (2008)
  • 変異原性 mutagenicity
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : リスク学用語小辞典, 241-242 (2008)
  • ベンチマークドース法を用いた1,2-ジクロロエタンの吸入曝露による発がんユニットリスクの算出
    発表者 : 松本理, 青木康展
    掲載誌 : 大気環境学会誌, 41(4):196-208 (2006)
  • 大気中の化学物質の複合曝露による発がんリスクの評価
    発表者 : 松本理, 丸山若重, 平野靖史郎, 青木康展, 松本幸雄, 中杉修身
    掲載誌 : 日本リスク研究学会誌, 15(1):55-67 (2004)
  • 環境汚染と健康リスク評価
    発表者 : 青木康展, 松本理
    掲載誌 : 分子予防環境医学 生命科学研究の予防・環境医学への統合 (2003)
  • Epidermal growth factor regulation of glutathione S-transferase gene expression in the rat is mediated by class Pi glutathione S-transferase enhancer I
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Biochem.J., 349:225‐230 (2000)
  • Identification of an enhancer element of class Pi glutathione S-transferase gene required for expression by a co-planar polychlorinated biphenyl
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Biochem.J., 338:599‐605 (1999)
  • Expression of Glutathione S-Transferase P by Coplanar PCB in Rat Hepatocytes
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Jpn.J.Toxicol.Environ.Health, 44(1):P・47 (1998)
  • Indoor and outdoor air pollution in Tokyo and Beijing supercities
    発表者 : 田村憲治, Matsumoto M.(松本理)
    掲載誌 : Atmos.Environ., 30(5):695‐702 (1995)
  • Induction of glutathione S-transferase II in mouse liver parenchymal cells by 3453'4'-pentachlorobiphenyl-comparison between C57BL strain and DBA strain
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Jpn.J.Toxicol.Environ.Health., 41:33 (1995)
  • PCBによる特異的遺伝子発現
    発表者 : 青木康展, 松本理
    掲載誌 : グローバルネット, (42):28‐29 (1994)
  • Induction of glutathione S-Transferase-P by chlorinated biphenyls and dibenzofurans, and inhibitory effect of dexamethasone on the induction
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Jpn.J.Toxicol.Environ.Health, 40:P‐15 (1994)
  • 高感度Amesテストによる都市大気浮遊粒子状物質の変異原性の粒径別分析
    発表者 : 松本理, 安藤満, 田村憲治
    掲載誌 : 衛生化学, 39(2):139‐147 (1993)
  • Expression of glutathione S-transferase P-form in primary cultured rat liver parenchymal cells by coplanar polychlorinated biphenyl congeners is suppressed by protein kinase inhibitors and dexamethasone
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : FEBS Lett., 333:114‐118 (1993)
  • Induction of glutathione S-Transferase P-Form in rat hepatocytes by coplanar polychlorinated biphenyl congeners and its mechanism
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Jpn.J.Toxicol.Environ.Health, 39:P‐24 (1993)
  • 克山病流行地区居住者の頭髪中微量元素濃度に関する検討
    発表者 : 太田庸起子, 中野篤浩, 松本理
    掲載誌 : 日本衛生学雑誌, 47(4):811‐817 (1992)
  • Mutagenicity of 3-chlorodibenzofuran and its metabolic activation
    発表者 : Matsumoto M.(松本理)
    掲載誌 : Environ.Mol.Mutagenesis, 17:104‐111 (1991)
  • Content of essential trace elements in hair from children lived in keshan disease district in China
    発表者 : Matsumoto M.(松本理)
    掲載誌 : Proc.Int.Symp.Environ.Life Elem.& Health,Beijin,People's Repub.China(Sci.Press,Beijing,390p.), 158‐160 (1991)
  • 交通要所近傍における浮遊粒子状物質および多環芳香族化合物の家屋内外濃度
    発表者 : 安藤満, 田村憲治, 松本理
    掲載誌 : 日本衛生学雑誌, 45:1007‐1013 (1990)
  • 大気浮遊粉じんの変異原性調査
    発表者 : 安藤満, 松本理
    掲載誌 : 昭和63年度環境庁委託業務結果報告書(結核予防会結核研,117p.), 81‐104 (1989)
  • 一塩化ジベンゾフラン4異性体の変異原性
    発表者 : 松本理, 安藤満, 太田庸起子
    掲載誌 : 衛生化学, 34:184‐187 (1988)
  • 肺内蓄積微量元素に関する検討
    発表者 : 太田庸起子, 松本理, 中野篤浩
    掲載誌 : 微量栄養素研究, 5:57‐60 (1988)
  • Content of essential trace elements in hair from children lived in Keshan Disease district in China
    発表者 : Matsumoto M.(松本理)
    掲載誌 : Trace Nutr.Res., (4):109‐113 (1988)
  • Mutagenicity of monochlorodibenzofurans detected in the environment
    発表者 : Matsumoto M.(松本理)
    掲載誌 : Toxicol.Lett., 40:21‐28 (1988)
  • Comparison of selenium content in human hair from different individuals in different countries by Se (n,γ) Sereaction
    発表者 : Ohta Y., Nakano A., Matsumoto M.(松本理), Hoshi M.
    掲載誌 : J.Radioanal.Nucl.Chem.Artic., 114(1):75‐82 (1987)
  • Comparison of selenium content in human hair from different individuals in different countries, by ・Se(n,γ)・・Se reaction
    発表者 : Ohta Y., Nakano A., Hoshi M., Matsumoto M.(松本理)
    掲載誌 : MTAA(Proc.7th Int.Conf.Mod.Trends Act.Anal.), 2:1037‐1045 (1986)
  • 肺内カルシウム濃度に関する知見-とくに肺黒色沈着物について-
    発表者 : 太田庸起子, 中野篤浩, 松本理
    掲載誌 : 微量栄養素研究, 3:203‐210 (1986)
  • Air quality of Tokyo metropolis evaluated by analysis of human lung deposits
    発表者 : 白石寛明, Matsumoto M.(松本理)
    掲載誌 : Internal medicine today and tomorrow, Proceedings of 17th International Congress of InternalMedicine (Oda T. et al.,1986 Elsevier Sci.Publ.), 106‐112 (1986)
  • Urban air quality evaluated by analysis of human lung deposits
    発表者 : Matsumoto M.(松本理)
    掲載誌 : Proc.7th World CleanAir Congr., 1:208‐215 (1986)
  • 出産時における母体血,胎盤ならびに臍帯血中の主要元素と微量元素の濃度およびその相関性
    発表者 : 中野篤浩, 太田庸起子, 松本理
    掲載誌 : 微量栄養素研究, 2:49‐55 (1985)
  • 頭髪中のセレン濃度について-日本人と外国人との比較-
    発表者 : 太田庸起子, 松本理, 中野篤浩
    掲載誌 : 微量栄養素研究, 1:125‐131 (1984)
  • 重窒素二酸化窒素の生体内動的観察
    発表者 : 太田庸起子, 山田理, 米山忠克, Matsumoto M.(松本理)
    掲載誌 : 産業医学, 24:347‐353 (1982)
  • Dynamic study on animal experiments using N-labeled nitrogen dioxide
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Suzuki A.K.(鈴木明)
    掲載誌 : Proc.4th Int.Conf.Stable Isotopes, March, 23-27, 1981:557‐561 (1982)
  • 有害大気汚染物質の発がん影響 −化学物質のリスク評価・管理の観点から−
    発表者 : 青木康展, 松本理
    掲載誌 : 呼吸器内科, 23(5):492-498 (2013)
  • メラミンによるペットの急性腎障害の原因はシアヌル酸との共結晶であった
    発表者 : 松本理
    掲載誌 : ファルマシア, 45(5):469-471 (2009)
  • 環境のリスク解析-化学物質の健康リスクの例
    発表者 : 松本幸雄, 松本理
    掲載誌 : Estrela, (183):14-19 (2009)
  • 第15章 職業上の安全と環境保健の専門家のための基本計算
    発表者 : 青木康展, 河原純子, 松本理, 道川武紘
    掲載誌 : 環境のための数学・統計学ハンドブック (2017)
  • Chapter7: Potency of air pollutants at DNA adduct formation and assessment by in vivo mutagenesis
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Sato H. (佐藤陽美), Matsumoto M.(松本理)
    掲載誌 : DNA Adducts: Formation, Detection and Mutagenesis (2010)
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演
  • 研究発表
    過去の都市大気から採取した浮遊粒子抽出物がgpt deltaマウス肺で示す変異原性
    発表者 : 青木康展, 中島大介, 松本みちよ, 松本理, 柳澤利枝, 後藤純雄, 増村健一, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第45回大会 (2016)
    予稿集名 : 同予稿集, 132
  • 研究発表
    都市大気浮遊粒子抽出物がgpt deltaマウス肺で示す変異原性と突然変異スペクトル
    発表者 : 青木康展, 中島大介, 松本みちよ, 松本理, 柳澤利枝, 後藤純雄, 増村健一, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第44回大会 (2015)
    予稿集名 : 同予稿集, 137
  • 発表者 : 青木康展, 松本みちよ, 柳澤利枝, 松本理, 中島大介
    学会等名称 : フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー (2014)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 研究発表
    臭素酸カリウムがgpt geltaマウス小腸で誘導する突然変異の閾値と変異スペクトルの用量依存性変化
    発表者 : 青木康展, 松本みちよ, 松本理, 増村健一, 續輝久, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第42回大会 (2013)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 研究発表
    Comparison of Risk Assessment Values of Hazardous Chemicals Estimated Based on Animal Inhalation Studies with the Guideline Values for Ambient Air Based on Epidemiological Studies
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Matsumoto Y., Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology (2012)
    予稿集名 : The Journal of Toxicological Sciences (The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology, Program and Abstracts), 37(Suppl. ?):S 412
  • 研究発表
    Comparative study on the utilities of animal experimental data for risk assessment of inhalation exposure of chemicals
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Matsumoto Y., Matsumoto M.(松本理)
    学会等名称 : SOT 2012 Annual Meeting (2012)
    予稿集名 : Abstract of SOT 2012 Annual Meeting, 27
  • 研究発表
    化学物質の複合曝露によるリスク評価への発がん性試験とtransgenic rodent変異原性試験の活用
    発表者 : 青木康展, 松本理, 中島大介
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第41回 (2012)
    予稿集名 : 同予稿集, 158
  • 研究講演
    有害大気汚染物質の健康リスク評価手法等に関するガイドラインの検討状況について
    発表者 : 青木康展, 松本理
    学会等名称 : 環境リスク評価ワークショップ「有害大気汚染物質の環境基準・指針値設定ガイドラインの策定に向けて」 (2011)
    予稿集名 : 環境リスク評価ワークショップ「有害大気汚染物質の環境基準・指針値設定ガイドラインの策定に向けて」プログラム
  • 研究発表
    大気汚染物質によるgpt deltaマウス肺中の突然変異とヒト肺がん組織中p53遺伝子の突然変異の比較
    発表者 : 青木康展, 松本理, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第40回大会 (2011)
    予稿集名 : 日本環境変異原学会第40回大会予稿集, 118
  • 研究発表
    国内5地点で採取した都市大気浮遊粉じんの変異原性
    発表者 : 影山志保, 稲葉洋平, 佐藤陽美, 松本理, 青木康展, 嵐谷奎一, 矢島博文, 中島大介, 後藤純雄
    学会等名称 : 第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会 (2010)
    予稿集名 : なし, 9
  • 研究発表
    ベンチマークドース法による発がん物質の健康リスク評価
    発表者 : 松本理
    学会等名称 : 第51回大気環境学会年会 (2010)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 123
  • 研究発表
    Functional prediction analysis based on global gene expression by using Nrf2 Knockout mouse liver exposed to TCDD
    発表者 : Sato H. (佐藤陽美), Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展), Itoh K., Yamamoto M.
    学会等名称 : 12th Int.Congr.Toxicol. (2010)
    予稿集名 : Toxicol.Lett., 196(Suppl.1):S208
  • 発表者 : 松本理
    学会等名称 : 環境リスク評価ワークショップ「有害大気汚染物質の環境基準・指針値設定ガイドライン策定に向けて」 (2010)
    予稿集名 : なし
  • 研究発表
    大気中の発がん物質のリスク評価 −疫学研究データと動物実験データに基づく評価値の比較−
    発表者 : 松本理, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第39回大会 (2010)
    予稿集名 : 同要旨集, 152
  • 研究講演
    大気汚染物質のリスク評価の実例
    発表者 : 松本理
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第39回大会 (2010)
    予稿集名 : 同要旨集, 90
  • 発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Matsumoto M.(松本理), Sugawara Y., Goto S., Masumura K., Nohmi T.
    学会等名称 : CCT Meet.PPTOXII: Role of Environmental Stressors in the Developmental Origins of Disease (2009)
    予稿集名 : Abstracts, VI.15
  • 発表者 : 松本理
    学会等名称 : フォーラム2009:衛生薬学・環境トキシコロジー (2009)
    予稿集名 : J.Health Sci., 55(Suppl.):93
  • 研究発表
    化学物質のがん原性試験とin vivo mutagenicity試験結果の相関性
    発表者 : 青木康展, 松本理
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第38回大会 (2009)
    予稿集名 : 同要旨集, 155
  • 研究発表
    In vivo mutagenesis induced by the air pollutants in the testis of gpt delta transgenic mice
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Amanuma K.(天沼喜美子), Matsumoto M.(松本理), Masumura K., Nohmi T.
    学会等名称 : 21st Cent.Adv.Mol.Toxicol.Environ.Chem.Pathog.Dis. (2009)
    予稿集名 : Abstracts, 173
  • 研究発表
    PBTA-6とベンゾ[a]ピレンがrpsL遺伝子導入ゼブラフッシュのエラと肝膵臓で示す変異原性
    発表者 : 天沼喜美子, 刀根英, 長屋雅人, 松本理, 渡辺徹志, 若林敬二, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第37回大会 (2008)
    予稿集名 : 同予稿集, 133
  • 研究発表
    化学物質の健康リスク評価における動物実験データの有用性に関する検討
    発表者 : 松本理, 松本幸雄, 青木康展
    学会等名称 : 日本リスク研究学会 第21回年次大会 (2008)
    予稿集名 : 同講演論文集, 21:195-200
  • 研究発表
    健康リスク評価における低濃度外挿と不確実性
    発表者 : 松本理
    学会等名称 : ISM(統計数理研究所)シンポジウム「環境リスク研究における統計科学の貢献」 (2008)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 研究発表
    2,3,7,8-四塩素化ジベンゾ-p-ジオキシン(TCDD)を投与したNrf2ノックアウトマウスの肝臓における網羅的遺伝子発現解析
    発表者 : 松本理, 佐藤陽美, 伊東健, 山本雅之, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第127年会 (2007)
    予稿集名 : 同要旨集
  • 研究発表
    rpsLトランスジェニックゼブラフィッシュを用いた7,12-Dimethylbenz[a]anthracene (DMBA)の変異原性検出
    発表者 : 並松三保子, 天沼喜美子, 松本理, 中杉修身, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第127年会 (2007)
    予稿集名 : 同要旨集
  • 研究発表
    Comprehensive gene expression analysis in male Nrf2KO mice treated with 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin(TCDD)
    発表者 : Sato H.(*1), Matsumoto M.(松本理), Itoh K.(*2), Yamamoto, M.(*2), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : SOT.46th Annu.Meet. (2007)
    予稿集名 : Abstracts(CD-ROM)
  • 研究発表
    In vivo mutations by 3,6-dinitrobenzo[e]pyrene instilled into the lung of gpt delta transgenic mice
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Takano H.(高野裕久), Amanuma K.(天沼喜美子), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 1st Asian Conf.Environ.Mutagens/36th Annu.Meet.Jpn.Environ.Mutagen Soc.(Poster Session) (2007)
    予稿集名 : Program & Abstracts
  • 研究発表
    宇宙放射線がゼブラフィッシュ体内の突然変異発生に及ぼす影響
    発表者 : 太田宗宏, 天沼喜美子, 鈴木雅雄, 阿部知子, 谷田貝文夫, 内田智子, 松本理, 青木康展
    学会等名称 : 第12回小型魚類研究会 (2006)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 研究発表
    べンチマークドース法を用いた1,2-ジクロロエタンの吸入曝露による発がんユニットリスクの算出
    発表者 : 松本理, 松本幸雄, 青木康展
    学会等名称 : 第47回大気環境学会年会 (2006)
    予稿集名 : 同講演要旨集(CD-ROM)
  • 研究発表
    Alterations in gene expression by 2378-tetrachloro-p-dibenzodioxin (TCDD) in livers of Nrf2 knockout mice
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Soc.Toxicol.44th Annu.Meet. (2005)
    予稿集名 : Abstracts(CD-ROM)
  • 研究発表
    Enhanced mutagenesis in the lung of Nuf2 knockout gpt delta mice
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(*1), Amanuma K.(天沼喜美子), Matsumoto M.(松本理), Hiyoshi K.(*1), Takano H.(高野裕久), Masumura K.(*1), Itoh K.(*1), Nohmi T.(*1), Yamamoto M.(山元恵)
    学会等名称 : JST-ERATO: yamamoto Environ. Response Proj. Int. Symp. 'Molecular Mechanism of Environmental Response to Food & Oxygen' (2005)
    予稿集名 : Abstracts
  • 研究発表
    B[a]Pを気管内投与したNrf2ノックアウトgpt deltaマウスの肺中に生じた突然変異スペクトルの解析
    発表者 : 橋本顯子, 天沼喜美子, 松本理, 日吉孝子, 高野裕久, 増村健一, 伊東健, 能美健彦, 山本雅之, 青木康展
    学会等名称 : フォーラム2004:衛生薬学・環境トキシコロジー (2004)
    予稿集名 : 同講演要旨集
  • 研究発表
    大気中の化学物質の複合曝露による発がんリスクの評価
    発表者 : 松本理, 丸山若重, 平野靖史郎, 青木康展, 松本幸雄, 金再奎, 中杉修身
    学会等名称 : 第44回大気環境学会年会 (2003)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 614
  • 研究発表
    化学物質の複合曝露による発がんリスクの評価方法に関する検討
    発表者 : 松本理, 丸山若重, 平野靖史郎, 青木康展, 中杉修身
    学会等名称 : 日本リスク研究学会 第16回研究発表会 (2003)
    予稿集名 : 同講演論文集, 16:277-282
  • マウス新生仔精巣の器官倍養系におけるco-PCBの生殖細胞分化能への影響
    発表者 : 福澤徳穂, 石村隆太, 松本理, 青木康展, 遠山千春, 大迫誠一郎
    学会等名称 : 日本内分泌攪乱化学物質学会第3回研究発表会 (2000)
    予稿集名 : 同講演要旨集
  • 都市大気浮遊粒子抽出物がgpt deltaマウス肺で示す変異原性と突然変異スペクトル
    発表者 : 青木康展, 中島大介, 松本みちよ, 松本理, 柳澤利枝, 後藤純雄, 増村健一, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第44回大会 (2015)
    予稿集名 : 同予稿集, 137
  • 化学物質の複合曝露によるリスク評価への発がん性試験とtransgenic rodent変異原性試験の活用
    発表者 : 青木康展, 松本理, 中島大介
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第41回 (2012)
    予稿集名 : 同予稿集, 158
  • ベンチマークドース法による発がん物質の健康リスク評価
    発表者 : 松本理
    学会等名称 : 第51回大気環境学会年会 (2010)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 123
  • Functional prediction analysis based on global gene expression by using Nrf2 Knockout mouse liver exposed to TCDD
    発表者 : Sato H. (佐藤陽美), Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展), Itoh K., Yamamoto M.
    学会等名称 : 12th Int.Congr.Toxicol. (2010)
    予稿集名 : Toxicol.Lett., 196(Suppl.1):S208
  • 化学物質の健康リスク評価における動物実験データの有用性に関する検討
    発表者 : 松本理, 松本幸雄, 青木康展
    学会等名称 : 日本リスク研究学会 第21回年次大会 (2008)
    予稿集名 : 同講演論文集, 21:195-200
  • 健康リスク評価における低濃度外挿と不確実性
    発表者 : 松本理
    学会等名称 : ISM(統計数理研究所)シンポジウム「環境リスク研究における統計科学の貢献」 (2008)
    予稿集名 : 同予稿集
  • Comprehensive gene expression analysis in male Nrf2KO mice treated with 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin(TCDD)
    発表者 : Sato H.(*1), Matsumoto M.(松本理), Itoh K.(*2), Yamamoto, M.(*2), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : SOT.46th Annu.Meet. (2007)
    予稿集名 : Abstracts(CD-ROM)
  • In vivo mutations by 3,6-dinitrobenzo[e]pyrene instilled into the lung of gpt delta transgenic mice
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Takano H.(高野裕久), Amanuma K.(天沼喜美子), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 1st Asian Conf.Environ.Mutagens/36th Annu.Meet.Jpn.Environ.Mutagen Soc.(Poster Session) (2007)
    予稿集名 : Program & Abstracts
  • Alterations in gene expression by 2378-tetrachloro-p-dibenzodioxin (TCDD) in livers of Nrf2 knockout mice
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Soc.Toxicol.44th Annu.Meet. (2005)
    予稿集名 : Abstracts(CD-ROM)
  • Enhanced mutagenesis in the lung of Nuf2 knockout gpt delta mice
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(*1), Amanuma K.(天沼喜美子), Matsumoto M.(松本理), Hiyoshi K.(*1), Takano H.(高野裕久), Masumura K.(*1), Itoh K.(*1), Nohmi T.(*1), Yamamoto M.(山元恵)
    学会等名称 : JST-ERATO: yamamoto Environ. Response Proj. Int. Symp. 'Molecular Mechanism of Environmental Response to Food & Oxygen' (2005)
    予稿集名 : Abstracts
  • B[a]Pを気管内投与したNrf2ノックアウトgpt deltaマウスの肺中に生じた突然変異スペクトルの解析
    発表者 : 橋本顯子, 天沼喜美子, 松本理, 日吉孝子, 高野裕久, 増村健一, 伊東健, 能美健彦, 山本雅之, 青木康展
    学会等名称 : フォーラム2004:衛生薬学・環境トキシコロジー (2004)
    予稿集名 : 同講演要旨集
  • 大気中の化学物質の複合曝露による発がんリスクの評価
    発表者 : 松本理, 丸山若重, 平野靖史郎, 青木康展, 松本幸雄, 金再奎, 中杉修身
    学会等名称 : 第44回大気環境学会年会 (2003)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 614
  • 化学物質の複合曝露による発がんリスクの評価方法に関する検討
    発表者 : 松本理, 丸山若重, 平野靖史郎, 青木康展, 中杉修身
    学会等名称 : 日本リスク研究学会 第16回研究発表会 (2003)
    予稿集名 : 同講演論文集, 16:277-282
  • 過去の都市大気から採取した浮遊粒子抽出物がgpt deltaマウス肺で示す変異原性
    発表者 : 青木康展, 中島大介, 松本みちよ, 松本理, 柳澤利枝, 後藤純雄, 増村健一, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第45回大会 (2016)
    予稿集名 : 同予稿集, 132
  • 発表者 : 青木康展, 松本みちよ, 柳澤利枝, 松本理, 中島大介
    学会等名称 : フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー (2014)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 臭素酸カリウムがgpt geltaマウス小腸で誘導する突然変異の閾値と変異スペクトルの用量依存性変化
    発表者 : 青木康展, 松本みちよ, 松本理, 増村健一, 續輝久, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第42回大会 (2013)
    予稿集名 : 同予稿集
  • Comparison of Risk Assessment Values of Hazardous Chemicals Estimated Based on Animal Inhalation Studies with the Guideline Values for Ambient Air Based on Epidemiological Studies
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Matsumoto Y., Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology (2012)
    予稿集名 : The Journal of Toxicological Sciences (The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology, Program and Abstracts), 37(Suppl. ?):S 412
  • Comparative study on the utilities of animal experimental data for risk assessment of inhalation exposure of chemicals
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Matsumoto Y., Matsumoto M.(松本理)
    学会等名称 : SOT 2012 Annual Meeting (2012)
    予稿集名 : Abstract of SOT 2012 Annual Meeting, 27
  • 大気汚染物質によるgpt deltaマウス肺中の突然変異とヒト肺がん組織中p53遺伝子の突然変異の比較
    発表者 : 青木康展, 松本理, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第40回大会 (2011)
    予稿集名 : 日本環境変異原学会第40回大会予稿集, 118
  • 国内5地点で採取した都市大気浮遊粉じんの変異原性
    発表者 : 影山志保, 稲葉洋平, 佐藤陽美, 松本理, 青木康展, 嵐谷奎一, 矢島博文, 中島大介, 後藤純雄
    学会等名称 : 第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会 (2010)
    予稿集名 : なし, 9
  • 大気中の発がん物質のリスク評価 −疫学研究データと動物実験データに基づく評価値の比較−
    発表者 : 松本理, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第39回大会 (2010)
    予稿集名 : 同要旨集, 152
  • 発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Matsumoto M.(松本理), Sugawara Y., Goto S., Masumura K., Nohmi T.
    学会等名称 : CCT Meet.PPTOXII: Role of Environmental Stressors in the Developmental Origins of Disease (2009)
    予稿集名 : Abstracts, VI.15
  • 化学物質のがん原性試験とin vivo mutagenicity試験結果の相関性
    発表者 : 青木康展, 松本理
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第38回大会 (2009)
    予稿集名 : 同要旨集, 155
  • In vivo mutagenesis induced by the air pollutants in the testis of gpt delta transgenic mice
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Amanuma K.(天沼喜美子), Matsumoto M.(松本理), Masumura K., Nohmi T.
    学会等名称 : 21st Cent.Adv.Mol.Toxicol.Environ.Chem.Pathog.Dis. (2009)
    予稿集名 : Abstracts, 173
  • PBTA-6とベンゾ[a]ピレンがrpsL遺伝子導入ゼブラフッシュのエラと肝膵臓で示す変異原性
    発表者 : 天沼喜美子, 刀根英, 長屋雅人, 松本理, 渡辺徹志, 若林敬二, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第37回大会 (2008)
    予稿集名 : 同予稿集, 133
  • 2,3,7,8-四塩素化ジベンゾ-p-ジオキシン(TCDD)を投与したNrf2ノックアウトマウスの肝臓における網羅的遺伝子発現解析
    発表者 : 松本理, 佐藤陽美, 伊東健, 山本雅之, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第127年会 (2007)
    予稿集名 : 同要旨集
  • rpsLトランスジェニックゼブラフィッシュを用いた7,12-Dimethylbenz[a]anthracene (DMBA)の変異原性検出
    発表者 : 並松三保子, 天沼喜美子, 松本理, 中杉修身, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第127年会 (2007)
    予稿集名 : 同要旨集
  • 宇宙放射線がゼブラフィッシュ体内の突然変異発生に及ぼす影響
    発表者 : 太田宗宏, 天沼喜美子, 鈴木雅雄, 阿部知子, 谷田貝文夫, 内田智子, 松本理, 青木康展
    学会等名称 : 第12回小型魚類研究会 (2006)
    予稿集名 : 同予稿集
  • べンチマークドース法を用いた1,2-ジクロロエタンの吸入曝露による発がんユニットリスクの算出
    発表者 : 松本理, 松本幸雄, 青木康展
    学会等名称 : 第47回大気環境学会年会 (2006)
    予稿集名 : 同講演要旨集(CD-ROM)
  • 発表者 : 松本理
    学会等名称 : フォーラム2009:衛生薬学・環境トキシコロジー (2009)
    予稿集名 : J.Health Sci., 55(Suppl.):93
  • 有害大気汚染物質の健康リスク評価手法等に関するガイドラインの検討状況について
    発表者 : 青木康展, 松本理
    学会等名称 : 環境リスク評価ワークショップ「有害大気汚染物質の環境基準・指針値設定ガイドラインの策定に向けて」 (2011)
    予稿集名 : 環境リスク評価ワークショップ「有害大気汚染物質の環境基準・指針値設定ガイドラインの策定に向けて」プログラム
  • 発表者 : 松本理
    学会等名称 : 環境リスク評価ワークショップ「有害大気汚染物質の環境基準・指針値設定ガイドライン策定に向けて」 (2010)
    予稿集名 : なし
  • 大気汚染物質のリスク評価の実例
    発表者 : 松本理
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第39回大会 (2010)
    予稿集名 : 同要旨集, 90
所の刊行物
委員会活動
  • 2017年度 : 平成29年度有害大気汚染物質の健康リスク評価手法等に関する検討会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2017年度 : 平成29年度健康リスク評価分科会検討員 (環境省 大臣官房環境保健部)
  • 2016年度 : 平成28年度有害大気汚染物質健康リスク評価手法等に関する検討会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2016年度 : 平成28年度健康リスク評価分科会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2015年度 : 平成27年度有害大気汚染物質健康リスク評価手法等に関する検討会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2015年度 : 平成27年度健康リスク総合専門委員会ワーキンググループ委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2015年度 : 平成27年度健康リスク評価分科会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2014年度 : 平成26年度有害大気汚染物質健康リスク評価手法等に関する検討会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2014年度 : 平成26年度健康リスク総合専門委員会ワーキンググループ委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2014年度 : 平成26年度健康リスク評価分科会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2013年度 : 平成25年度有害大気汚染物質の健康リスク評価手法等に関するガイドライン策定検討会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2013年度 : 平成25年度環境リスク評価委員会健康リスク評価分科会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2013年度 : 平成25年度健康リスク総合専門委員会ワーキンググループ委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2013年度 : 平成25年度化学物質審査検討会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2012年度 : 平成24年度化学物質環境リスク評価委員会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2012年度 : 平成24年度健康リスク総合専門委員会ワーキンググループ委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2012年度 : 平成24年度化学物質審査検討会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2011年度 : 平成23年度有害大気汚染物質の健康リスク評価手法等に関するガイドライン策定検討会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2011年度 : 平成23年度健康リスク評価分科会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2011年度 : 平成23年度健康リスク総合専門委員会WG委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2011年度 : 平成23年度化学物質審査検討会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2010年度 : 平成22年度有害大気汚染物質の健康リスク評価手法等に関するガイドライン策定検討会分科会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2010年度 : 平成22年度健康リスク総合専門委員会WG検討員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2010年度 : 平成22年度化学物質審査検討会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2009年度 : 平成21年度健康リスク評価分科会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2009年度 : 平成21年度健康リスク総合専門委員会WG検討員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2009年度 : 平成21年度化学物質審査検討会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2008年度 : 平成20年度健康リスク評価分科会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2008年度 : 平成20年度健康リスク総合専門委員会WG検討員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2008年度 : 平成20年度化学物質審査検討会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2007年度 : 平成19年度健康リスク評価分科会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2007年度 : 健康リスク総合専門委員会WG検討員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2006年度 : 健康リスク総合専門委員会WG検討員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2006年度 : 平成18年度健康リスク評価委員会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)