ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2018/12/06 09:51:43

五藤 大輔

GOTO Daisuke

氏名
五藤 大輔(ごとう だいすけ)
所属/職名
地域環境研究センター(大気環境モデリング研究室)/主任研究員
研究課題
全球・領域型エアロゾル化学輸送モデルを用いた大気汚染数値シミュレーション
学位の種類
博士(理学)
専門とする学問分野
化学,物理学
専門とする環境分野
大気汚染
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • 書籍
  • 大気中微小粒子状物質の長期暴露が死亡に及ぼす影響-疫学研究における暴露と健康影響の評価に関する系統的レビューとメタ解析-
    発表者 : Ueda K.(上田佳代), Tasmin S.(Tasmin Saira), Takami A.(高見昭憲), Goto D.(五藤大輔), Oishi M.(大石瑞樹), Phung V. L.H.(Phung Vera Ling-Hui), Yasukochi S.(安河内秀輔), Chowdhury P. H.(Chowdhury Pratiti Home)
    掲載誌 : 大気環境学会誌, 51(6):245-256 (2016)
  • Multi-scale Simulations of Atmospheric Pollutants Using a Non-hydrostatic Icosahedral Atmospheric Model
    発表者 : Goto D.(五藤大輔), Nakajima T., Dai T., Yashiro H., Sato Y., Suzuki K., Uchida J., Misawa S., Yonemoto R., Trieu T.T.N., Tomita H., Satoh M.
    掲載誌 : Land-Atmospheric Research Applications in South and Southeast Asia, 277-302  (2018)
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演
  • 大気輸送沈着・ばく露評価統合モデルを用いた事故初期の甲状腺被ばく線量推計
    発表者 : 大原利眞, 高木麻衣, 森野悠, 五藤大輔, 中山祥嗣, 大浦泰嗣, 海老原充, 鶴田治雄, 森口祐一
    学会等名称 : 第59回大気環境学会年会 (2018)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 大気輸送沈着・ばく露評価統合モデルを用いた呼吸由来の甲状腺被ばく線量推計と課題
    発表者 : 大原利眞, 森口祐一, 高木麻衣, 森野悠, 五藤大輔, 中山祥嗣, 大浦泰嗣, 海老原充, 鶴田治雄
    学会等名称 : 第77回日本公衆衛生学会総会シンポジウム01:福島県住民における放射線被ばくによる甲状腺がんリスク評価とリスクコミュニケーション (2018)
    予稿集名 : 同予稿集
  • Seamless global-to-regional simulation of aerosols with O(10km) grid spacing
    発表者 : Goto D.(五藤大輔)
    学会等名称 : 2nd International Workshop on SLCPs in Asia: Chemistry-climate modeling and its applications (2016)
    予稿集名 : -
所の刊行物
委員会活動
  • 2018年度 : 日本気象学会第40期委員(SOLA編集委員会編集委員) ((公社)日本気象学会)
  • 2018年度 : ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究開発重点課題4「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」業務協力者 (海洋研究開発機構)
  • 2016年度 : 日本気象学会第39期委員(SOLA編集委員会編集委員) ((公社)日本気象学会)
  • 2015年度 : 静止衛星データ利用技術懇談会ひまわりデータ利用のための作業グループ(大気)委員 (気象庁 観測部)
  • 2015年度 : つくばサイエンス・アカデミー会誌編集委員会委員 ((一財)茨城県科学技術振興財団つくばサイエンス・アカデミー)
  • 2015年度 : 都市大気環境モデリング分科会幹事 ((公社)大気環境学会)
  • 2015年度 : ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究開発重点課題4「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」業務協力者 (海洋研究開発機構)
  • 2014年度 : つくばサイエンス・アカデミー会誌編集委員会委員 ((一財)茨城県科学技術振興財団つくばサイエンス・アカデミー)
  • 2014年度 : 静止衛星データ利用技術懇談会ひまわりデータ利用のための作業グループ(大気)委員 (気象庁 観測部)