ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2017/10/05 16:14:54

多島 良

TAJIMA Ryo

多島 良
氏名
多島 良(たじま りょう)
所属/職名
資源循環・廃棄物研究センター(循環型社会システム研究室)/研究員
研究課題
災害時における資源循環・廃棄物処理に係るマネジメント・計画研究
学位の種類
博士(工学)
専門とする学問分野
政策学,行政学,社会学
専門とする環境分野
災害廃棄物処理,環境マネジメント・計画,環境影響評価
自分の強みのキーワード
災害廃棄物処理計画,災害レジリエンス,参加型研修,質的調査,政策評価,国際比較
研究概要
・ 災害廃棄物のマネジメント・計画研究
大規模災害からの復旧・復興において一つの鍵である災害廃棄物処理について、マネジメント、計画論、組織論の観点から研究しています。災害時には平時と比べて時間的・資源的制約が大くなると同時に、普段のごみ処理と災害廃棄物の処理を両立させなければなりません。このためには、業務・人材・資機材・資金等を適切に差配・調達することが求められます。今後、数十年以内に発生するといわれる巨大地震や、毎年のように発生する大規模頻発災害において適切な災害廃棄物処理がなされるよう、発災後のマネジメント手法や、発災前の準備としての計画策定・実施手法、人材育成手法、それを補助するマネジメントツールの開発を行っています。

・ 災害時における環境管理研究
 時間的・資源的制約の大きく、優先すべき業務が平時とは異なるという特徴のある災害時における環境管理の在り方について検討を進めています。災害や災害復旧・復興活動は、様々な環境影響(有害物質の拡散や公衆衛生の悪化など)を伴うことが指摘されていますが、災害からの早期復旧・復興が重視される中で、何をどの程度管理すべきかの基本的な考え方や、そのための管理手法を平時から整理しておくことが重要です。具体的な手法の一つとして環境(持続可能性)アセスメントに着目し、公衆参加の方法を含め、社会心理学や制度論の観点から研究しています。

・ 超高齢社会における廃棄物管理研究
 高齢化が進んだ社会における廃棄物管理の在り方について検討を進めています。日本の高齢化率は既に25%を超えており、あと20年もたてば33%を超えると予測されています。廃棄物処理の観点では、既に在宅医療廃棄物の処理、紙おむつの処理、高齢者世帯によるごみ出し・集積所管理、遺品整理など、様々な影響が散見されています。なかでも、課題の実態を捉えるための実態調査とともに、高齢者福祉や地域コミュニティの醸成等の副次的効果が期待されるごみ出し支援策等に着目した研究を進めています。
所属学会
廃棄物資源循環学会,日本計画行政学会,環境アセスメント学会,International Association for Impact Assessment,地域安全学会,日本自然災害学会
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • 書籍
  • その他
  • 持続可能性評価の方法論とその展開〜評価分野・フレーミング・マネジメントへの活用〜
    発表者 : Tasaki T.(田崎智宏), Tajima R.(多島良), Shobatake K.(正畠宏一), Tsuda K.(津田和俊)
    掲載誌 : 日本LCA学会誌, 8(2):272-281 (2012)
  • An Outline of Disaster Waste Management for the Great East Japan Earthquake from a Technological and Administrative Point of View
    発表者 : Osako M.(大迫政浩), Tajima R.(多島良)
    掲載誌 : Global Environmental Research, 18(1):73-80 (2014)
  • 新しいコミュニティづくりに向けた持続可能性アセスメント
    発表者 : 柴田裕希, 多島良
    掲載誌 : 計画行政, 38(4):27-32 (2015)
  • 災害廃棄物処理計画策定の意義とプロセス
    発表者 : 多島良
    掲載誌 : 都市清掃, 68(328):10-15 (2015)
  • 発表者 : 多島良, 大迫政浩
    掲載誌 : 生活と環境, 59(10):10-15 (2014)
  • 第6章 英国の都市づくりにおける持続可能性評価
    発表者 : 多島良
    掲載誌 : 都市・地域の持続可能性アセスメント 人口減少時代のプランニングシステム (2015)
  • 災害廃棄物処理フローの図上演習−兵庫県における実践—
    発表者 : 多島良, 高田光康, 森朋子, 夏目吉行, 菅範昭
    掲載誌 : 都市清掃, 70(337):255-261 (2017)
  • 自治体による高齢者のごみ出し支援の取り組み —支援タイプ別の事例と特徴—
    発表者 : Kojima E.(小島英子), Tajima R.(多島良)
    掲載誌 : 廃棄物資源循環学会誌 , 28(3):177-185 (2017)
  • 災害廃棄物処理に関する知見の共有と今後に向けた人材育成
    発表者 : 森朋子, 田中勝, 夏目吉行, 大迫政浩, 平山修久, 高田光康, 多島良, 松崎裕司, 大塚康治
    掲載誌 : 都市清掃, 67(318):187-192 (2014)
  • 「高齢者ごみ出し支援ガイドブック」の作成
    発表者 : 多島良, 小島英子
    掲載誌 : 月刊廃棄物, 43(5):8-9 (2017)
  • 発表者 : 小島英子, 多島良 (2017)
  • 発表者 : Yamada M.(山田正人), Ishigaki T.(石垣智基), Tajima R.(多島良), Kubota R.(久保田利恵子), Towprayoon S., Wangyao K., Chiemchaistri C. (2015)
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演
委員会活動
  • 2017年度 : 非常勤講師(環境アセスメント学) (東京農工大学農学府・農学部)
  • 2017年度 : 災害廃棄物処理計画策定モデル事業に係る専門家委員 (環境省 中部地方環境事務所)
  • 2017年度 : 平成29年度アジア・太平洋地域の災害廃棄物対策国際ガイドライン検討委員 ((一社)廃棄物資源循環学会)
  • 2017年度 : 大規模災害時廃棄物対策関東ブロック協議会に係る委員 (環境省 関東地方環境事務所)
  • 2016年度 : 第28回研究発表会実行委員会委員 ((一社)廃棄物資源循環学会)
  • 2016年度 : 青森県循環型社会形成推進委員会災害廃棄物処理計画策定検討部会委員 (青森県環境生活部)
  • 2016年度 : 平成28年度災害廃棄物対策推進検討会「地域間協調・指針検討ワーキンググループ」委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2016年度 : 平成28年度災害廃棄物対策ガイドライン(骨子)の作成業務検討委員会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2016年度 : 平成28年度大規模災害時廃棄物対策関東ブロック協議会委員 (環境省 関東地方環境事務所)
  • 2016年度 : 非常勤講師(環境アセスメント学) (東京農工大学農学府・農学部)
  • 2016年度 : 「少子高齢化時代における循環資源の退蔵と実態の適正管理方策に関する研究」研究分担者 (福岡大学工学部)
  • 2015年度 : 非常勤講師(環境アセスメント学) (東京農工大学)
  • 2015年度 : 大規模災害発生時における災害廃棄物対策検討会「地域間協調WG」委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2014年度 : IAIA16大会実行委員会事務局委員及びTechnical Program委員会幹事 (千葉商科大学政策情報学部)
  • 2014年度 : 自主的環境配慮等に係る検討会委員 (環境省 総合環境政策局)
  • 2014年度 : 東日本大震災における災害廃棄物対策の経験に係る情報の整理ワーキンググループ(アーカイブス検討ワーキンググループ(仮称))委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2014年度 : 非常勤講師(環境アセスメント学) (東京農工大学農学府・農学部)
  • 2013年度 : 非常勤講師(環境アセスメント学) (東京農工大学農学府・農学部)
  • 2013年度 : 高知県災害廃棄物処理計画策定業務検討委員会委員 (高知県)
  • 2012年度 : 非常勤講師(環境アセスメント学) (東京農工大学農学府・農学部)
受賞
  • 2015年 : 学術奨励賞 (日本自然災害学会)
  • 2015年 : 廃棄物資源循環学会論文賞 (廃棄物資源循環学会)
  • 2014年 : 学術発表優秀賞 (日本自然災害学会)
  • 2013年 : 学術発表優秀賞 (日本自然災害学会)
  • 2012年 : 第23回廃棄物資源循環学会 優秀ポスター賞 (廃棄物資源循環学会)
学会活動
  • 2016年度 : 環境アセスメント学会 : 環境アセスメント学会学術委員会委員
  • 2014年度 : 環境アセスメント学会 : 環境アセスメント学会学術委員会委員
  • 2013年度 : 環境アセスメント学会 : 環境アセスメント学会学術委員会委員

この研究者の関連情報・記事