ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境都市システム研究プログラム(平成 27年度)
Eco-City System Research

研究課題コード
1115SP070
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
環境都市,産業共生,エコタウン,低炭素都市,コンパクト都市,復興都市計画
キーワード(英語)
Eco-City, Industrial Synbiosis, Eco-town, Low Carbon City, Compact City, Rebuilding Urban Plan

研究概要

都市の社会・経済と環境特性に応じた、環境負荷の増大と自然環境劣化の克服に向けての将来ターゲットを設計して、そこへ到達する実効的な、地域と都市・地区の環境技術と政策のシステムを描く計画手法と評価体系の研究開発を進める。具体的には、水、エネルギー、資源循環を制御する環境イノベーション技術・施策の研究開発とともに、関連する社会制度システムの定式化を進めて、国内外で展開可能な環境都市マネジメントの技術・施策パッケージとして形成する。そのうえで都市や地区の経済、環境特性に応じて技術・施策をカスタマイズして適用する「環境ソリューション」システムの研究開発を進める。

今年度の研究概要

都市の社会・経済と環境特性に応じた、環境負荷の増大と自然環境劣化の克服に向けての将来ターゲットを設計して、そこへ到達する実効的な、地域と都市・地区の環境技術と政策のシステムを描く、複数のモデルモジュール方構成される計画手法と評価体系の研究開発を進める。具体的には、エネルギー、資源循環等を制御する環境イノベーション技術・施策の研究開発とともに、関連する社会制度システムの定式化を進めて、国内外で展開可能な環境都市マネジメントの技術・施策パッケージとして形成する。そのうえで都市や地区の経済、環境特性に応じて技術・施策をカスタマイズして適用する「環境都市ソリューション」システムの研究開発を進める。川崎市、福島県新地町、水俣市、瀋陽市での社会実装研究を環境省、内閣官房の環境モデル都市政策と連携して、研究の社会出力を進める。
(1)都市、地域の特性に応じた環境都市とモデル地区を計画、効果を算定する基本的な枠組みを構築を進める。
(2)空間的にまとまった単位で複合的な環境問題を解決する技術・施策(環境都市ソリューション)の計画と評価システムの構築を進める。
(3)国内都市での低炭素都市や地域循環圏の計画ガイドラインに反映する研究とアジア都市に技術システムの研究を進める。
(4)将来シナリオの構築手法の開発を進めるとともに、低炭素やコベネフィットなどの社会環境ターゲットに応じたマルチスケールの地域・都市・地区の計画などの都市環境施策への反映プロセスを検討する。

課題代表者

藤田 壮

  • 社会環境システム研究センター
  • センター長
  • 博士(工学)
  • 土木工学,システム工学,建築学
portrait