ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

高磁場MRIにおけるヒト全脳3D画像の不均一補正法の開発(平成 27年度)
Non-uniformity correction of 3D human brains at high magnetic field

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1214CD008
開始/終了年度
2012~2015年
キーワード(日本語)
磁気共鳴イメージング,ヒト脳,高磁場,高周波磁場,不均一性
キーワード(英語)
MRI, human brain, hagh magnetic field, radio frequency field, inhomogeneity

研究概要

高感度、高コントラストという特徴を持つ高磁場MRIでは、3D高分解能画像化が可能である。しかし、画像不均一性という特有の問題があり、被検体由来の高周波(RF)磁場の不均一性によって生ずることが知られている。この解決には送信(B1+)、受信(B1-)の両方のRF磁場分布が必要であるが、測定方法が開発されているB1+分布に対して、これまでB1-分布を求める有効な方法が無かった。これを解決するため、私たちはヒト脳の2Dスライス画像に対してB1-分布を求め、不均一補正を行う方法を提案、開発し、4.7Tでのヒト脳画像の不均一補正ができることを実証した。
 本研究では、この方法を発展させたヒト全脳3D画像不均一補正実現を目標とする。具体的には、ヒト脳内3D B1+分布測定法、3D比率マップ法を用いた3D B1-分布計算法、3D画像の不均一補正アルゴリズムを開発する。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:モニタリング・研究基盤整備

全体計画

平成24年度:パルスシーケンス、後処理などの開発を行い、3D B1+測定法を開発する。平成25年度:ヒト脳3D B1+分布測定を実施と3D比率マップ法を用いたヒト脳3D B1-分布測定法を開発する。平成26年度:ヒト脳3D画像不均一補正法を開発する。

今年度の研究概要

ヒト脳3次元受信分布算出、ヒト脳3次元画像不均一補正法を開発し、ヒト脳内3次元画像均一化を実現する。

関連する研究課題
  • 0 : 環境計測研究分野における研究課題

課題代表者

渡邉 英宏

  • 環境計測研究センター
    画像・スペクトル計測研究室
  • 室長
  • 工学博士(物理工学)
  • 物理学,工学,医学
portrait