ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

気候変動戦略連携オフィス(平成 28年度)
Climate Change Strategy Collaboration Office

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1620AU004
開始/終了年度
2016~2020年
キーワード(日本語)
地球温暖化観測,適応
キーワード(英語)
Climate change observation, adaptation

研究概要

気候変動とその影響を把握するため,特に地球温暖化分野における観測ニーズの集約,実施計画の作成,実施状況の管理・報告,データ流通促進などの施策を検討し,成果の普及・啓発を推進する.同時に,地方公共団体,事業者,国民など各主体が気候変動への対策を取り組む上で必要となる気候変動情報について,総合的な情報プラットフォームを整備した上で継続的に情報の収集を行い,活用しやすい形で情報を広く提供する.

研究の性格

  • 主たるもの:行政支援調査・研究
  • 従たるもの:モニタリング・研究基盤整備

全体計画

地球観測連携拠点(温暖化分野)の事務局の機能を強化し,観測結果から得られた気候変動に関する情報の共有と利用促進や,温室効果ガス削減計画や適応計画の推進支援が可能となる.これらは,二年度目に一定程度の達成を目途とし,以降,継続・拡張する.

今年度の研究概要

[H28]
地球観測連携拠点(温暖化分野)の事務局の機能を強化するとともに,気候変動適応情報プラットフォームを開設する.

課題代表者

肱岡 靖明

  • 社会環境システム研究センター
    地域環境影響評価研究室
  • 室長
  • 博士(工学)
  • 工学
portrait

担当者