ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境微生物及び絶滅危惧藻類の収集・系統保存・提供(平成 28年度)
Collection, preservation and distribution of microbes and endangered algae

研究課題コード
1620AP005
開始/終了年度
2016~2020年
キーワード(日本語)
バイオリソース,絶滅危惧種,カルチャーコレクション,藻類
キーワード(英語)
bioresource, endangered species, culture collection, algae

研究概要

環境微生物および絶滅危惧藻類の収集・系統保存・提供事業として、環境問題と深くかかわる微細藻類および絶滅危惧藻類の収集・保存・提供を行う。また国内外の研究者が研究に使用した重要株、タイプ株等の寄託を受け入れて、長期安定的な保存条件の検討を行い、研究材料として国内外の研究者に提供することで、微細藻類に関する学術の発展、有用資源の探索、絶滅危惧藻類の域外保全に貢献する。

今年度の研究概要

環境微生物および絶滅危惧藻類の保存・提供、株情報や付加情報の整備とデータベース化、そして環境研究に資する重要株やタイプ株等の収集と寄託の受入れを継続する。前年度までの新規寄託株の凍結保存条件について検討を行い、10株程度を凍結保存に移行するとともに、絶滅危惧種の単藻株や新規株を5株程度拡充する。またゲノム情報、DNAバーコード情報、地理情報等の付加情報整備を継続し、Web上で公開する。

課題代表者

河地 正伸

  • 生物・生態系環境研究センター
    生物多様性資源保全研究推進室
  • 室長
  • 博士(理学)
  • 生物学
portrait

担当者