ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

湖沼長期モニタリングの実施と国内外観測ネットワークへの観測データ提供(平成 28年度)
Long-term monitoring projects of freshwater ecosystems

予算区分
AP 基盤整備
研究課題コード
1620AP009
開始/終了年度
2016~2020年
キーワード(日本語)
霞ヶ浦,長期モニタリング,湖沼,摩周湖,データベース,観測ネットワーク,GEMS/Water,日本長期生態学研究ネットワーク,国連
キーワード(英語)
Lake Kasumigaura,Long-term monitoring,Lakes,Lake Mashu,Database,Observation networks,GEMS/Water,JaLTER,UN

研究概要

霞ヶ浦、摩周湖をはじめとする陸水環境の長期観測を継続するとともに、生態系の評価・保全・管理に向けた基盤整備を行い、国内外の観測ネットワーク活動等に貢献する。3つのサブテーマを設けて、実施する。

(1)GEMS/Water ナショナルセンター事業
 国連(UNEP)の地球環境監視システム陸水監視部門(GEMS/Water)のわが国のナショナルセンターとして、霞ヶ浦、摩周湖に加えて地方公共団体等から提供される河川・湖沼における水質データを収集し、世界最大規模の淡水水質データベースGEMStatへの登録を行う。また、JaLTER(Japan Long Term Ecological Research Network、日本長期生態学研究ネットワーク)、GBIF(地球規模生物多様性情報機構)等の国内外の観測ネットワーク活動やデータベース事業に参加する。

(2)霞ヶ浦長期モニタリング
 代表的な富栄養湖である霞ヶ浦を、GEMS/WaterトレンドモニタリングステーションおよびJaLTERコアサイトとして、定期的な採水・採泥調査と生物調査を実施し、結果はデータベースで整備・公開する。また、モニタリング手法の開発、長期的な生物群集や生態系の変動要因の解析等を行う。

(3)摩周湖長期モニタリング
 日本最大の透明度を持つ摩周湖を、GEMS/Waterベースラインモニタリングステーションとして、年2回の定期集中観測に加え、ロガーの設置により通年のデータを取得する。得られたデータを、整備・公開する。また、長期データを活用し、越境汚染や気候変動の影響、透明度の維持機構について分析する。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

今年度の研究概要

(1)GEMS/Waterナショナルセンター
 霞ヶ浦、摩周湖を含む国内観測地点の水質データを収集し、GEMStatに登録する。また、霞ヶ浦については、JaLTERやGBIFにもデータを登録する。

(2)霞ヶ浦長期モニタリング
 毎月の定期調査を通じて採水と現場測定を行う。隔月で、魚類モニタリングを実施するほか、各季節1回、底泥コアを採取し、底泥間隙水の水質分析を行い、底質環境のモニタリングも継続する。一次生産速度及びクロロフィルa濃度の測定については、現在適用している手法の見直しを行うとともに、水質センサーで得られるデータについて深度方向の連続データを公開できる体制を整備する。ウェブページのリニューアルを行うほか、魚類の現存量データ等の新規データを公開する。

(3)摩周湖長期モニタリング
 湖水成層開始期の6月および成層期の8月の2回、湖水などの化学項目、プランクトンなどの生物項目、水中光学などの物理項目の集中観測を行う。水温・クロロフィル等のロガーを設置し、季節変動を含む通年データ採取を継続する。得られたデータは、摩周湖データベースに公開する。湖底堆積物に保存される粒子状物質の検出により、燃焼起源の大気負荷の長期変動について研究・解析を行う。

外部との連携

霞ヶ浦長期モニタリングは、JaLTER(日本長期生態学研究ネットワーク)と連携する。摩周湖長期モニタリングは、北海道立総合研究機構、北見工業大学、北海道大学、山梨大学、日本大学との共同研究として実施する。

備考

地域環境研究センター、環境計測研究センター、地球環境研究センターと密に連携して進める。

課題代表者

松崎 慎一郎

  • 生物・生態系環境研究センター
    生物多様性資源保全研究推進室
  • 主任研究員
  • 博士(農学)
  • 生物学,農学,水産学
portrait

担当者