ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

油脂含有廃棄物からの液体・気体燃料変換のための高速抽出−二段発酵プロセスの開発(平成 28年度)
Development of two-stage fermentation process combined with rapid extraction for liquid and gas fuel conversion of oily organic wastes

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1617CD003
開始/終了年度
2016~2017年
キーワード(日本語)
廃棄物水素生産,油脂含有廃棄物,メタン発酵
キーワード(英語)
Waste to hydrogen,Oily waste,Methane fermentation

研究概要

油脂を高濃度に含有する汚泥廃棄物は高いエネルギー価を有するものの有効利用が難しく、また排水管渠や下水道等の公共施設の負担となっている。本研究では油脂を含有する廃棄物からの液体油脂の抽出に加え、抽出後の残渣からの水素の生成に重点を置いた研究を行う。従来、水素の前駆体は糖分であることが判明しているが、油脂が共存する環境下での糖分の発行による水素生産の実現可能性と効率化に取り組む。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

2カ年の計画において、主に次の3つの課題に取り組む。(1)種々の油脂含有廃棄物からの油脂の抽出と、抽出後の残渣の成分把握;(2)残渣の成分が、発酵水素生産に及ぼす影響の把握;(3)水素生産を効率化するための成分調整および生物物理化学的なアシスト方法の開発。

今年度の研究概要

今年度は、まず様々な業種の産業あるいはラボで生産した藻類等から油脂を含有する廃棄物を収集し、油脂の抽出および残渣の特徴づけを行う。さらにそれらの残渣を原料とした水素ポテンシャルを把握する。

課題代表者

徐 開欽

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    国際廃棄物管理技術研究室
  • 主席研究員
  • 工学博士
  • 土木工学,地学,生物工学
portrait

担当者