ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2018年6月7日

平成30年度「環境賞」の贈賞式について

主催:国立環境研究所/日刊工業新聞社 後援:環境省

平成30年度「環境賞」贈賞式
日時:平成30年6月7日(木)午前11時30分
場所:霞山会館(東京・霞が関)

 「環境賞」は昭和49年に創設され、今回で45回目を迎える環境分野で歴史のあるアワードです。環境保全や環境の質の向上に関する調査、研究、技術・製品開発、活動を対象としており、個人、企業、大学・高校、団体・グループ等から、今回は低炭素社会、循環型社会、大気・水・土壌、エネルギー、生物多様性といった多様な分野から計39件の応募がありました。
 「環境賞」審査委員会(大塚柳太郎審査委員長=自然環境研究センター理事長)は、第1次審査、ヒアリング審査、最終審査において、独創性、将来性、有効性、経済性などの観点から選考し、「環境大臣賞」1件、「優秀賞」2件、「優良賞」2件の計5件の受賞者を決定いたしました。

平成30年度「環境賞」受賞者

【環境大臣賞】

「鉛・PCB廃棄物を削減する循環式ブラスト塗膜除去」
ヤマダインフラテクノス株式会社  山田 翔平
一般社団法人 日本鋼構造物循環式ブラスト技術協会  山田 博文
循環式エコクリーンブラスト研究会  鈴木 実
岐阜大学  木下 幸治

【優秀賞】

「ガスセンサー制御硫化物法による金属廃液・汚泥処理」
株式会社アクアテック  大西 彬聰
イコールゼロ株式会社  林 宏道
マツイマシン株式会社  松井 洋

「新規分解菌による1,4-ジオキサン等を含む排水処理」
大成建設株式会社  斎藤 祐二、山本 哲史、瀧 寛則、日下 潤
大阪大学  池 道彦、井上 大介、黒田 真史
北里大学  清 和成

【優良賞】

「廃タイヤ等の異素材混合物を削ぎ取る破砕・分離技術」
株式会社エムダイヤ  森 弘吉

「下水熱利用と老朽管補修を両立する技術」
東亜グラウト工業株式会社  田熊 章

※詳しくは平成30年度「環境賞」公式ホームページをご覧ください。
URL http://biz.nikkan.co.jp/sanken/kankyo/

お問い合わせ先

「環境賞」事務局(日刊工業新聞社日刊工業産業研究所内)
 TEL:03-5644-7117 FAX:03-5644-7294 E-mail:sanken@media.nikkan.co.jp