ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

廃棄物の焼却処理に伴う化学物質のフローと環境排出量推計に関する研究(平成 28年度)
Estimation of substance flows and environmental emissions of chemicals associated with waste incineration

予算区分
BE 環境-推進費(補助金)
研究課題コード
1517BE001
開始/終了年度
2015~2017年
キーワード(日本語)
廃棄物焼却,化学物質排出,PRTR,物質フロー
キーワード(英語)
waste incineration, chemicals release inventory, Pollutant Release and Transfer Register, substance flow

研究概要

製品や廃棄物に随伴した廃棄物処理への移行、廃棄物処理過程における非意図的生成・排出の可能性から、廃棄物処理における化学物質の排出量管理は重要な課題である。本研究では、PRTR制度における廃棄物処理施設からの排出量推計への貢献を念頭に置き、産業廃棄物の焼却処理における化学物質の大気排出量推計、その推計手法と基礎データの提示を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:行政支援調査・研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

(1)施設属性に着目した産業廃棄物焼却施設の類型化、(2)廃棄物統計や管理票情報、PRTR届出データ、廃棄物試料の組成データに基づく廃棄物と化学物質のフロー推計、(3)実験炉による廃棄物試料の焼却実験とマルチゾーン熱力学平衡計算モデルの産業廃棄物焼却への拡張による物質排出基礎特性の調査解析、(4)実施設実測調査による施設類型ごとの物質排出実態把握を行う。これらを通じて廃棄物と含有物質の詳細な焼却投入フローと施設類型をふまえた排出係数を作成し、廃棄物焼却施設からの化学物質排出量の推計手法・基礎データを提示する。

今年度の研究概要

焼却方式、排ガス処理方式、焼却廃棄物種類に着目して施設を類型化する。焼却残さ組成分析データを解析し、施設属性に対応した含有量データを作成する。これとPRTR届出移動量データを廃棄物フローへ組み込み、化学物質のフローへ変換する。廃棄物試料の焼却実験を継続する。マルチゾーン熱力学平衡計算モデルのパラメータ作成、組み込みを行う。実焼却施設の実測調査を継続、追加し、施設類型ごとの化学物質排出実態の傾向を解析するとともに、排出係数の作成方法を検討する。

外部との連携

共同研究・協力機関:公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センター、埼玉県環境科学国際センター、静岡県立大学、有限会社環境資源システム総合研究所、地方独立行政法人北海道立総合研究機構環境・地質本部環境科学研究センター

課題代表者

小口 正弘

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    基盤技術・物質管理研究室
  • 主任研究員
  • 博士 (工学)
  • 工学,システム工学,化学
portrait

担当者