ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

航空機ジェットエンジンからのオイルナノ粒子の排出実態の解明(令和 2年度)
Elucidating emission situation of oil nanoparticles from aircraft jet engines

予算区分
AN 所内公募B
研究課題コード
2021AN001
開始/終了年度
2020~2021年
キーワード(日本語)
航空機排ガス,有機成分,国際共同研究,ジェットエンジン試験
キーワード(英語)
Aircraft exhaust,organic compounds,international collaboration,jet engine testing

研究概要

本研究では、国際的な航空機排出規制に中心的に関わってきたスイスのグループと共同で民間航空機エンジンの排気試験を行い、ジェットエンジンから排出されるオイル主体のナノ粒子(粒径50 nm以下の粒子)の存在を検証し、排出箇所を特定する。さらに、スス粒子とどこで混合するか明らかにする。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:基礎科学研究

全体計画

スイスのチューリッヒ国際空港内のジェットエンジン排気試験施設(SRTechnics)で以下を行う。
?エンジン直下と数十メートル下流等で粒子個数を測定するほか、粒子試料を採取し、粒子質量と化学組成(元素状炭素、有機炭素、有機成分)を測定する。
?ジェットエンジンから排出されるオイルナノ粒子の存在を検証し、排出箇所を明らかにする。
?ジェットエンジンからのスス粒子の排出箇所を特定し、排出後にオイルナノ粒子とどこで混合するか明らかにする。

今年度の研究概要

サンプリング方法・機材の決定。ジェットエンジン試験(予備実験)の実施及び粒子試料、燃料・オイル試料の採取。粒子・燃料・オイル試料の質量と化学成分の分析。

外部との連携

・研究協力者(エンジン試験):Zurich University of Applied Sciences (スイス)のDr. Julien Anet、Dr. Lukas Durdinaほか
・研究協力者(サンプリング等):齊藤勝美氏(イサラ研究所、国立環境研究所客員研究員)

課題代表者

伏見 暁洋

  • 環境計測研究センター
    反応化学計測研究室
  • 主任研究員
  • 博士(工学)
  • 工学
portrait