ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

GOSAT-2と地上観測による全球のメタン放出量推定と評価手法の包括的研究(令和 2年度)
Estimation of regional-global methane emissions and refinement of its estimate by GOSAT-2 and surface observations

予算区分
BA 環境-推進費(委託費) 2-1802
研究課題コード
1820BA002
開始/終了年度
2018~2020年
キーワード(日本語)
メタン,安定炭素同位体,大気モニタリング,地上観測
キーワード(英語)
methane,stable carbon isotope,atmospheric monitoring,ground-based observation

研究概要

本研究は、GOSAT-2の最大の特徴である、多成分観測(メタン、CO、N2O)かつ気柱平均濃度及び鉛直濃度分布の同時・同視野観測を活かして、全球のメタン放出量推定の精緻化を目指す。これまで、シベリアや南アジアで実施してきたGOSATのメタンデータ解析とメタンの地上濃度及びフラックス観測の実績を踏まえ、全球でGOSAT-2と地上観測の複合利用によるメタン放出量推定を行う。地上観測データによるGOSAT-2データの検証手法の確立、GOSAT-2の全球3次元濃度分布データに基づいた大気輸送モデルの鉛直・水平輸送過程の評価、トップダウン手法によるメタン放出量推定における観測データのインパクトの評価及び推定結果の検証を通して、温室効果ガス排出インベントリ構築とその検証におけるGOSAT-2の有用性を示すことを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:モニタリング・研究基盤整備

全体計画

南アジアでフラスコサンプリング観測を実施し、メタンとCO濃度ならびにメタン安定炭素同位体比の高精度計測を行う。観測データをもとに、南アジアのメタン発生源の特徴を解析する。また、各サブテーマと連携して、GOSAT-2及び大気輸送モデルのメタン及びCO濃度データを検証するためのデータを提供する。

今年度の研究概要

フラスコサンプリング観測を継続する。メタンとCO濃度ならびにメタン安定炭素同位体比の高精度計測から推定されるメタン発生源の特徴を、インバース解析に基づくメタン放出量推定と比較して、矛盾がないかを検証する。

外部との連携

千葉大学(研究代表者)、奈良女子大学、海洋研究開発機構、東京学芸大学との共同研究。

関連する研究課題

課題代表者

寺尾 有希夫

  • 地球システム領域
    炭素循環研究室
  • 主任研究員
  • 博士(理学)
  • 地学,理学
portrait

担当者