ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

生合成機構から探る熱帯植物による塩化メチル大量放出の要因(令和 2年度)
Methyl chloride emissions from tropical plants

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1919CD003
開始/終了年度
2019~2021年
キーワード(日本語)
塩化メチル,オゾン層破壊物質
キーワード(英語)
methyl chloride,ozone depleting substances

研究概要

熱帯植物は、主要な成層圏オゾン破壊物質である塩化メチルを大気へと放出する最大の発生源として働いている。しかし、なぜ熱帯の一部の植物からの放出量が際立って大きいのかは明らかにされていない。本研究では塩化メチルの生合成過程に関わるメチル基転移酵素の酵素活性量と塩化物イオンの利用可能性に着目し、これらのパラメーターと塩化メチル放出量の関係を明らかにすることで、種間差の駆動要因を特定する。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

本研究は、フタバガキ科などの熱帯樹木に見られる極めて大きな塩化メチル放出量の種間差を、放出量と生合成過程のパラメーター(酵素活性量、塩化物イオンの利用可能性)との関係から解明する。

今年度の研究概要

本年度は酵素活性測定系を確立すると共に、フタバガキ科の植物葉を用いた塩化メチル放出量、酵素活性量並びに塩化物イオン濃度の測定を行う。酵素活性測定系の検討には昨年度と同様シロイヌナズナを用い、確立した定量系がフタバガキでも機能することを確認する。フタバガキ科の個葉を対象にしたダイナミックエンクロージャーシステムを作製し、フタバガキ科の植物葉による塩化メチル放出量をin vivoで測定する。解析対象の植物葉について酵素活性量及び塩化物イオン濃度を測定し、塩化メチル放出量と基質濃度依存的な酵素活性量及び塩化物イオン濃度の関係を個葉レベルで明らかにする。

外部との連携

横浜国立大学、マレーシア森林研究所

関連する研究課題

課題代表者

斉藤 拓也

  • 地球システム領域
    動態化学研究室
  • 主幹研究員
  • 博士(地球環境科学)
  • 化学
portrait