ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

沿岸生態系の変動及び変化の実態把握とその要因解析(平成 28年度)
Elucidation of causal factors for temporal variation and drastic changes in coastal ecosystems

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1620AQ017
開始/終了年度
2016~2020年
キーワード(日本語)
閉鎖性内湾,沿岸生態系,変化,回復
キーワード(英語)
enclosed inshore waters, coastal ecosystems, changes, remediation

研究概要

 閉鎖性内湾などの沿岸生態系においてフィールド研究および実験研究等を行うことにより、生態系における曝露・影響実態の把握及び解明を進め、生物相の回復に向けた対策の提案を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:モニタリング・研究基盤整備

全体計画

 閉鎖性内湾(例えば、東京湾)などの沿岸生態系において定期的にフィールド調査を行い、また、関連する室内実験や数値モデル解析等を行うことにより、環境の変化とそれに付随した生態系あるいは生物群集構造の質的及び量的変化を追跡し、明らかにする。そうした変化に関連し得る物理・化学及び生物学的因子並びに漁業などの人為的因子の影響並びに寄与を解析・評価し、主因を見出す。それらの諸結果に基づいて、沿岸域の生物相の回復に向けた現実的な対策の提案を行う。

今年度の研究概要

 東京湾において定期的にフィールド調査を行い、環境因子及び底棲魚介類群集の変動を追跡し、その関連を含めて解析する。

外部との連携

東京大学、横浜国立大学、神奈川県水産技術センター。千葉県水産総合研究センター、愛知県水産試験場、福島県水産試験場相馬支場

課題代表者

堀口 敏宏

  • 環境リスク・健康研究センター
    生態系影響評価研究室
  • 室長
  • 博士(農学)
  • 水産学,生物学,解剖学
portrait

担当者