ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2017/10/05 16:14:35

児玉 圭太

KODAMA Keita

児玉 圭太
氏名
児玉 圭太(こだま けいた)
所属/職名
環境リスク・健康研究センター(生態系影響評価研究室)/主任研究員
研究課題
沿岸域における貧酸素水塊が水生生物の再生産および加入過程に及ぼす影響
学位の種類
博士(農学)
専門とする学問分野
水産学,生物学
専門とする環境分野
沿岸生態系,貧酸素水塊,再生産
自分の強みのキーワード
病理組織学,多変量統計,リポフスチン年齢査定法,フィールドワーク,水生生物の飼育試験,分子生物学
関心のある研究、実施してみたい研究
沿岸域における底生魚介類の資源量変動機構の解明
研究概要
東京湾の底棲魚介類の資源量に大きな年変動があることに着目し、環境要因と関連付けた資源量変動機構の解明を目的として、東京湾の底棲魚介類群集および、その中の優占種であるシャコ、ハタタテヌメリ、マコガレイ、ホシザメを主たる対象として、研究を進めている。
略歴
平成11年3月 東京大学農学部 生物生産科学課程 水圏生産科学専修 卒業
平成13年3月 東京大学大学院 農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻修士課程 修了
平成16年3月 東京大学大学院 農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻博士課程 修了
平成16年4月 独立行政法人国立環境研究所 環境ホルモン・ダイオキシン研究プロジェクト生態影響研究チーム NIESポスドクフェロー
平成18年4月 独立行政法人国立環境研究所 環境リスク研究センター NIESポスドクフェロー
平成19年4月 独立行政法人国立環境研究所 環境リスク研究センター 日本学術振興会特別研究員(PD)
平成21年3月 The University of Texas at Austin, Marine Science Institute 日本学術振興会特別研究員(PD)
平成22年4月 独立行政法人国立環境研究所 環境リスク研究センター NIESポスドクフェロー
平成23年4月 独立行政法人国立環境研究所 環境リスク研究センター 生態系影響評価研究室 特任研究員(任期付)
平成24年1月 独立行政法人国立環境研究所 環境リスク研究センター 生態系影響評価研究室 研究員(任期付)
所属学会
日本水産学会,水産海洋学会,日本海洋学会沿岸海洋研究会
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • 書籍
  • その他
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演
  • 浅海域における底棲魚介類の生活史初期個体に対する硫化水素の影響
    発表者 : 児玉圭太, 堀口敏宏
    学会等名称 : 海洋理工学会平成29年度春季大会シンポジウム「東京湾の今を知る」 (2017)
    予稿集名 : 同講演論文集, 35-36
  • シャコ資源に対する貧酸素水塊の影響評価に向けて
    発表者 : 岡部 久, 児玉圭太, 伊東 宏, 堀口敏宏
    学会等名称 : 平成28年度 東京湾研究会 (2016)
    予稿集名 : なし
  • Decline in intertidal biota after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami and the Fukushima nuclear disaster
    発表者 : Horiguchi T.(堀口敏宏), Yoshii.H, Mizuno.S, Kodama K.(児玉圭太), Shiraishi H.(白石寛明)
    学会等名称 : 7th Bilateral Seminar Italy-JapanPhysical and chemical impacts on marine organisms:emerging hazards and strategies for saving the oceans (2016)
    予稿集名 : Abstracts, 15-16
  • Effect of hypoxia and hydrogen sulfide on the survival of manila clam Ruditapes philippinarum during the early life stages.
    発表者 : Kodama K.(児玉圭太), Waku M., Sone R., Ishida T., Akatsuka T., Horiguchi T.(堀口敏宏)
    学会等名称 : 7th Bilateral Seminar Italy-JapanPhysical and chemical impacts on marine organisms:emerging hazards and strategies for saving the oceans (2016)
    予稿集名 : Abstracts, 7
  • 東京湾における底棲魚介類の資源変動と環境要因
    発表者 : 児玉圭太
    学会等名称 : 第16回 東京湾シンポジウム 〜東京湾の水環境に関する研究〜 (2015)
    予稿集名 : 同予稿集, 30-33
  • 発表者 : Lee J.H., Kodama K.(児玉圭太), Shiraishi H.(白石寛明), Horiguchi T.(堀口敏宏)
    学会等名称 : 6th Bilateral Seminar Italy-Japan "Physical and chemical impacts on marine organisms: supporting blue growth in meaningful mutual symbiosis with the marine environment" (2014)
    予稿集名 : Abstracts, 25
  • Effects of hypoxia on benthic organisms in Tokyo Bay, Japan.
    発表者 : Kodama K.(児玉圭太), Horiguchi T.(堀口敏宏)
    学会等名称 : The 1st international symposium for marine environment management in special management coastal area. (2012)
    予稿集名 : Abstracts, 95-114
  • Changes in life history traits of megabenthic species in Tokyo Bay, Japan, concurrent with decresase in their stock sizes
    発表者 : Kodama K.(児玉圭太), Lee J.H., Park J. (朴正彩), Shiraishi H.(白石寛明), Horiguchi T.(堀口敏宏)
    学会等名称 : 5th Bilateral Seminar Italy-Japan "Physical and Chemical Impacts on Marine Organisms: For the Sustainable Quality of Human Society Dependent on Marine Environment" (2012)
    予稿集名 : Book of Abstracts, 12
  • Surveys on environmental Pollution and possible adverse effects by radionuclides in wildlife, after severe accidents of Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plants, Japan
    発表者 : Horiguchi T.(堀口敏宏), Kodama K.(児玉圭太), Ihara S., Takase M., Ohta , Yoshii H., Mizuno S., Kamiyama K., Maki H.(牧秀明), Tanaka A.(田中敦), Karube S.(苅部甚一), Shiraishi H.(白石寛明), Ohara T.(大原利眞)
    学会等名称 : 5th Bilateral Seminar Italy-Japan "Physical and Chemical Impacts on Marine Organisms: For the Sustainable Quality of Human Society Dependent on Marine Environment" (2012)
    予稿集名 : Book of Abstracts, 17
  • 東京湾におけるシャコの資源変動要因と資源管理
    発表者 : 児玉圭太, 堀口敏宏
    学会等名称 : 平成24年度瀬戸内海ブロック水産業関係研究開発推進会議 生産環境部会・増養殖部会合同部会主催シンポジウム (2012)
    予稿集名 : 同予稿集
  • Use of hypoxia inducible factor as a biomarker of exposure to hypoxia for megabenthos in Tokyo Bay, JAPAN
    発表者 : Kodama K.(児玉圭太), Rahman Md. S., Horiguchi T.(堀口敏宏), Thomas P.
    学会等名称 : 4th Bilateral Seminar Italy〜Japan Physical and Chemical Impacts on Marine Organisms 〜For Conservation of Biodiversity and Sustainability〜 (2010)
    予稿集名 : Abstracts, 12
  • Exploration of causal factors affecting change in stock size of megabenthos in Tokyo Bay, Japan: Community and population-level approach
    発表者 : Kodama K.(児玉圭太), Horiguchi T.(堀口敏宏), Oyama M.(大山政明), Lee J-H.(李政勲), Akaba Y., Tajima Y., Kume G., Yamaguchi A., Takao Y., Shibata Y.(柴田康行), Shiraishi H.(白石寛明), Morita M.(森田昌敏), Shimizu M.
    学会等名称 : 3rd Bilateral Semin.Italy-Jpn.Chem.Impacts Mar.Org.-Seeking Sustainability Postgenomics- (2008)
    予稿集名 : Abstracts, 10-11
受賞
  • 2012年 : 水産海洋学会奨励賞 (水産海洋学会)
学会活動
  • 2017年度 : 海洋理工学会 : 平成29年度春季大会 シンポジウムでの講演