ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

アジア圏における持続可能な統合的廃棄物処理システムへの高度化(平成 29年度)
Advancement of sustainable and integrated waste management system in Asia

予算区分
AA 課題解決型
研究課題コード
1620AA024
開始/終了年度
2016~2020年
キーワード(日本語)
アジア,統合的廃棄物管理システム,流域管理システム,分散型汚水処理システム,都市計画,長期低環境フラックス型埋立地,持続可能性,強靭性,基軸モデル
キーワード(英語)
Asia,Integrated Waste Management System,Watershed Management System,Distributed Sewage Treatment System,Urban Plannning,Long-term Low Contaminant Flux Type Landfill,Sustainability,Resilience,Standard Model

研究概要

 日本を含めたアジア圏において、各地域の環境・経済・社会に適合し、持続可能で強靭な廃棄物の処理システムを提示することを目指し、都市特性、経済状態、社会受容性を与条件とした、上位の都市計画等と調和した将来の廃棄物処理制度・システムとその評価手法を確立する。また、焼却技術や埋立技術及びその他の関連技術について統合的な技術システムの開発と高度化を行う。アジア圏に普遍的かつカスタマイズ可能な、廃棄物処理システムの基軸モデルを提示する

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

アジア新興国における廃棄物処理事業の脆弱性や、対策の進捗及び効果を認識することができる評価ツールを開発する。 低炭素型の流域管理システムの構築する。東南アジア地域に適合した分散型汚水処理技術の性能評価試験方法の確立と関連制度を構築する。日本およびアジアの都市において都市計画と調和した廃棄物管理システムのあり方を示し、システムが地域で持続的に機能する事業を提示する。アジアの都市において実施可能な廃棄物処理技術システムを構築する。低環境フラックス型の処分場を実現する。

今年度の研究概要

については、アジア新興国の主要都市における一般廃棄物処理事業のパフォーマンス指標を設定、評価する。また、衛生施設を組み入れた開発事業の提案書を作成し、実装に向けた取り組みを進めるとともに、アジア都市の実廃棄物管理施設を対象に廃棄物の機械選別・生物処理及び埋立地浸出水の人工湿地処理技術の適用可能性について現地実証的な検討を行う。さらに、埋立廃棄物からの溶出、処分場内および環境中での移動に関する知見をもとに有害物質等の長期的な安全確保のための処分方法について検討するとともに、低炭素型の流域管理システム構築に資する派生バイオマスの活用及び省エネ型排水処理技術の開発を進める。これらに加えて、東南アジアでの分散型生活排水処理技術及びその性能評価試験方法の現地化のための調査・試験を継続して実施する。

外部との連携

堀田康彦(IGES)、林志浩(IGES)、劉晨(IGES)、原田英典(京大)、清原洋太(フジクリーン工業)、張振亜(筑波大)、雷中方(筑波大)、李玉友(東北大)、田中貴之(サンユウ)、稲森悠平(国際科学振興財団)、孔海南(上海交通大)、王欣澤(上海交通大)、Geng涌(上海交通大)、呉亜鵬(石家庄技術学院・河北省北斗天工)、中国科学院、小島道一(アジ研)、山崎宏史(東洋大)、久山哲雄(IGES)、NGOC BAO Pham(IGES)、雲川新泌(JECES)、高橋悟(JECES)、樋口裕城(名古屋市立大)、和田英樹(SSDi)、山口直久(エックス都市)、東條安匡(北大)、清和成(北里大)、井上大介(北里大)、高岡昌輝(京大)、李東勲(ソウル市大)、Komsilp Wangyao(KUMTT)、Chart Chiemchaisri(カセサート大)、水原詞治(龍谷大)、ナレースワン大学、ベトナム建設大学

課題代表者

山田 正人

  • 福島支部
    汚染廃棄物管理研究室
  • 室長
  • 京都大学博士(工学)
  • 工学,生物工学,化学工学
portrait

担当者