ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

国別の気候緩和政策と世界低炭素経路のモデリング(平成 31年度)
Modelling of national greenhouse gas emission mitigation policies and the relationship with global low emission pathways 

予算区分
ZZ 個別名を記載 欧州プロジェクト
研究課題コード
1719ZZ001
開始/終了年度
2017~2019年
キーワード(日本語)
気候緩和策,国別シナリオ,世界排出経路
キーワード(英語)
climate change mitigation,national scenario,global pathways

研究概要

このプロジェクトは、次の点に焦点を当てる。i)温室効果ガス排出の緩和に関する各国のモデルチームが開発したモデリングツールの質の向上。 ii)G20に含まれるような地球規模の排出量の大部分を占める国の経済活動における行動が、どのようにグローバルな低炭素シナリオに関連しているかについての知識を向上させる。
各国がパリ協定の下で約束草案(INDC)の実施と持続可能な発展目標との政策の整合のために準備を整えるにつれて、国内の調整能力を改善することは開発協力のために不可欠となってきている。そして、さらにパリ協定の下で承認された中期的な戦略の策定にもこれらの事象は大いに関連しています。本研究ではこれらの中長期的な政策的含意を得ることを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

(1)2℃目標に相当する世界のGHG排出経路を同定し、(2)各国に必要とされる削減分など推計し、主要国G20のGHG排出経路やエネルギーシステム等を示すことを目標にする。
また、(3)キャパシティビルディングや(4)政策対話等のワークパッケージを明示的に持ち、途上国のモデリング能力の向上、政策決定への関与を積極的に行う。

(1)については既存のシナリオの解析を最初に行い2年目の後半以降にアップデートを行う。(2)も同様に既存の国別シナリオの解析を行い、2年目後半以降にアップデートを行う。
(3)、(4)については全期間にわたって行う。

今年度の研究概要

これまでに開発してきた統合評価モデルAIMをもとに、2℃目標に相当する世界のGHG排出経路を推計し、その結果をプロジェクトに提供するとともに、日本をはじめとする各国の排出削減の貢献について評価を行う。

外部との連携

オランダ環境評価庁(PBL)など海外の11カ国18機関との共同研究。国内からはNIESのほかIGESも参画。

備考

低炭素PJ3及び統合PJ1

課題代表者

増井 利彦

  • 社会システム領域
    脱炭素対策評価研究室
  • 室長(研究)
  • 博士(工学)
  • システム工学,土木工学,経済学
portrait

担当者