ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

気候変動・大気質研究プログラム(令和 3年度)
Climate Change and Air Quality Research Program

研究課題コード
2125SP010
開始/終了年度
2021~2025年
キーワード(日本語)
気候変動,大気質,グローバルストックテイク,温室効果ガス,短寿命気候強制因子
キーワード(英語)
climate change,air quality,Global Stocktake,greenhouse gas,short-lived climate forcer

研究概要

地球の気候と大気質を安定化させる2℃/1.5℃目標の実現に貢献することは、科学コミュニティが挑戦すべき新たな課題である。パリ協定の目標達成度を測るために、国際社会全体の温室効果ガス(GHG)の削減政策の達成度を5年ごとに評価するグローバルストックテイクの結果は各国のNDC(自国が決定する貢献)の定期的な更新・強化に対して重要な情報を与える。また、IPCC第7次評価報告書では短寿命気候強制因子(SLCF)の国別排出量推計に向けた動きが始まることとなり、その方法論の構築ならびに気候・環境影響の把握が急務となっている。そこで、GHGおよびSLCFについて、全球から都市の規模における衛星、地上、船舶、航空機プラットフォームによる地球観測データを用いて、国および都市レベルのインベントリを定量的に評価することで削減効果の検証を早期に行うとともに、最新の排出量推計を考慮したモデリング研究により、気候や大気質の変動に関する再現や将来予測を高精度化し、今世紀後半に温室効果ガスの人為起源排出量を実質的にゼロにする長期目標に向けた緩和策などの世界の気候変動に関する政策決定に必要な知見を提供する。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

気候・大気質変動に関する現象と要因の解明、統合的な観測及び監視、モデルによる再現及び予測並びに緩和策の効果検証に取り組む。具体的には、地球観測データの複合利用により、全球規模におけるGHG吸収・排出量の推計システムを構築するとともに、地域・国・都市規模における人為起源のGHG及びSLCFの排出量の評価の方法論を確立し、定量的評価を行う。こうした最新の知見をもとに地球規模における気候や大気質の変動の再現や将来予測を従来より高精度に行うとともに、影響評価やシナリオ研究に活用する、猛暑や豪雨、大気汚染など「ハザード」に関する基礎データを得る。これらの取組により、パリ協定の目標達成度を測るグローバルストックテイクや温室効果ガス・短寿命気候強制因子の国別排出量の推計及び検証等、世界の気候変動に関する政策決定に必要な科学的基盤を提供し、地球の気候と大気質を安定化させる2℃(1.5℃)目標の実現に貢献する。そのため、以下の3つの課題に取り組む。
(1) 地球規模における自然起源及び人為起源温室効果ガス吸収・排出量の定量的評価。
(2) 地域・国・都市規模における人為起源短寿命気候強制因子及び温室効果ガス排出量の定量的評価。
(3) 最新の排出量評価等を考慮した気候・大気質変動の再現及び将来予測の高精度化。

今年度の研究概要

(1) 地球規模における自然起源および人為起源GHG吸収・排出量の定量的評価
人為起源及び自然起源のGHGを対象に、アジア太平洋域を中心として熱帯域から極域をカバーする地上や船舶、航空機プラットフォーム等を用いた観測を展開するとともに、広域的な収支評価や検証のため、観測精度のさらなる向上に務める。また、GHGの吸収・排出を取り扱える先端的モデルの開発に取り組む。さらに、気候変動の視点から地球規模の窒素動態に関する分析を開始する。
(2) 地域・国・都市規模における人為起源SLCFおよびGHG排出量の定量的評価
人為起源のSLCF及びGHGを対象に、アジア地域及び日本国内の都市域において、地上や船舶、航空機プラットフォーム等を用いた新規観測を開始する。また、最新の衛星観測データ等を入手するとともに、国・都市規模の排出源を扱えるモデリング手法の開発に着手する。
(3) 最新の排出量評価等を考慮した気候・大気質変動の再現および将来予測の高精度化
全球のメタン、オゾン、エアロゾルを中心に、地球システムモデルの再現性検証を行い、排出量、化学過程、沈着過程などの必要な高度化を実施する。また、モデルにおける雲・降水過程の高度化が将来予測の結果へ及ぼす影響を調査する。

外部との連携

海洋研究開発機構、自動車研究所、名古屋大学、九州大学等。

課題代表者

谷本 浩志

  • 地球システム領域
    地球大気化学研究室
  • 室長(研究)
  • 博士(理学)
  • 化学,物理学,地学
portrait

担当者