ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2021/07/13 17:00:19

仁科 一哉

NISHINA Kazuya

氏名
仁科 一哉(にしな かずや)
所属/職名
地球システム領域(物質循環モデリング・解析研究室)/主任研究員
研究課題
生物地球化学, 土壌学
学位の種類
博士(農学)
専門とする学問分野
林学,農学,コンピュータ科学
専門とする環境分野
生物地球化学,土壌学,林学
研究概要
炭素、窒素、放射性Csの物質循環について、統計モデルや数理モデルを使って研究しています。
所属学会
日本生態学会,日本地球惑星科学連合,日本土壌肥料学会
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • 書籍
  • その他
  • 食の持続性と低環境負荷の両立を目指す窒素管理研究への土壌学の貢献
    発表者 : 林健太郎, 江口定夫, 柴田英昭, 仁科一哉, 内田義崇
    掲載誌 : 日本土壌肥料科学雑誌, 88(2):166-179 (2017)
  • 土壌動物学で利用できるRを使った統計手法の紹介 -個体数や在/不在データに関わるエトセトラ-
    発表者 : 仁科一哉, 石井弓美子
    掲載誌 : Edaphologia, 97:1-18 (2015)
  • モニタリングに基づく物質動態広域評価の最前線—広域における炭素・窒素・水の動態を探る— 4. 空間データから炭素・窒素賦存量やフラックスを正しく推定するには?
    発表者 : 仁科一哉
    掲載誌 : 日本土壌肥料学雑誌, 88(4):339-345 (2017)
  • 発表者 : 深谷肇一, 飯島勇人, 伊東宏樹, 奥田武弘, 長田穣, 川森愛, 柴田泰宙, 木俊, 辰巳晋一, 仁科一哉, 深澤圭太, 正木隆
    掲載誌 : 生態学のための階層モデリング-RとBUGSによる分布・個体数量・種の豊かさの統計解析- (2021)
  • FOREST ECOSYSTEMS
    発表者 : Hashimoto S., Komatsu M., Imamura N., Ohashi S., Kato H., Nishina K.(仁科一哉), Tagami K., Uchida S., Shaw G., Wood M., Beresford N., Howard B., Fesenko S., Thiry Y.
    掲載誌 : Environmental Transfer of Radionuclides in Japan following the Accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, 129-168  (2020)
  • Catchment and Rivers
    発表者 : Onda Y., Hayashi S.(林誠二), Nagao S., Ishii Y.(石井弓美子), Tsuji H.(辻英樹), Taniguchi K., Nishina K.(仁科一哉), Suzuki K., Watanabe S., Prohl G., Boyer P., Laurent G.-S.
    掲載誌 : Environmental Transfer of Radionuclides in Japan following the Accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, 179-218  (2020)
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演
所の刊行物
委員会活動
  • 2017年度 : 第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)実行委員会第7分科会検討部会委員 (茨城県生活環境部)
  • 2019年度 : 令和元年度生活環境等の保全に係るリスク管理検討会委員 (環境省 水・大気環境局土壌環境課)
  • 2021年度 : 非常勤講師(自然環境資源学特論Ⅶ) (東京農工大学農学府・農学部)
  • 2021年度 : 日本学術会議委員(環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会iLEAPS小委員会委員) (内閣府 日本学術会議)

この研究者の関連情報・記事