ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

地球システム分野の先見的・先端的な基礎研究(令和 3年度)
Earth System Domain: Foresight and Advanced Basic Research

研究課題コード
2125AV001
開始/終了年度
2021~2025年
キーワード(日本語)
地球,気候,環境計測
キーワード(英語)
Earth,Climate,Environmental Measurement

研究概要

地球システム分野の先見的・先端的な基礎研究として、地球システムの理解と地球環境の持続可能性確保に向けて、地球表層を構成する大気・海洋・陸域における物理・化学プロセスと生物地球化学的循環の解明、人間活動の影響を受けた気候及び地球環境の変動とそのリスクの将来予測、それらに必要となる先端的計測技術やモデリング手法の開発、並びに地球環境保全に関わる政策決定に必要な科学的基盤を提供するための研究を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

?自然起源と人間活動の影響を受けた地球表層システムの現象解明と影響評価に必要不可欠な気候変動関連物質やエアロゾル・雲の動態把握、炭素や窒素をはじめとする生命維持に必要な物質の生物地球化学的循環の様々な時空間スケールでの把握を行う。同時に、これらに必要な計測技術、直接及び遠隔観測手法の開発、解析手法の開発を行う。
?温室効果ガスなど各種物質のマルチスケールでの動態及び排出・吸収源に関するモデル開発、力学・化学・放射過程など諸過程のモデリングに基づく地球環境システムとしての気候変動の解明と予測、多様な数値モデルを用いたシミュレーションに基づく地球規模での気候変動リスクの評価を行う。

今年度の研究概要

?自然起源と人間活動の影響を受けた地球表層システムの現象解明と影響評価に必要不可欠な気候変動関連物質やエアロゾル・雲の動態把握、炭素や窒素をはじめとする生命維持に必要な物質の生物地球化学的循環の様々な時空間スケールでの把握に着手する。同時に、これらに必要な計測技術、直接及び遠隔観測手法の開発、解析手法の開発を開始する。
?温室効果ガスなど各種物質のマルチスケールでの動態及び排出・吸収源に関するモデル開発、力学・化学・放射過程など諸過程のモデリングに基づく地球環境システムとしての気候変動の解明と予測、多様な数値モデルを用いたシミュレーションに基づく地球規模での気候変動リスクの評価を開始する。

備考

予算コードは下記11件を含む
231ABC0
231ABD0
231ABE0
231ABF0
231ABG0
231ABH0
231ABI0
231ABJ0
231ABK0
231ABL0
231ABM0

関連する研究課題
  • 25560 : 地球システム分野(ア先見的・先端的な基礎研究)
  • 25561 : 地球システム分野(イ政策対応研究)
  • 25562 : 地球システム分野(ウ知的研究基盤整備)

課題代表者

三枝 信子

  • 地球システム領域
  • 領域長
  • 博士(理学)
  • 理学 ,地学,生物学
portrait

担当者