ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
氏名
佐藤 圭(さとう けい)
所属/職名
地域環境研究センター(広域大気環境研究室)/室長
研究課題
大気微量成分(ガス・エアロゾル)の反応過程の研究
学位の種類
博士(理学)
専門とする学問分野
化学
専門とする環境分野
大気化学 ,エアロゾル化学
自分の強みのキーワード
微小粒子状物質(PM2.5),二次有機エアロゾル,スモッグチャンバー,光化学オキシダント
研究概要
大気に排出された化学物質は、あるときは太陽光の降り注ぐ日中に、またあるときは夜間に起こる化学変化により別の物質に変化します。化学変化によって生じる二次汚染物質は、直接排出された汚染物質とともに、環境、人体及び生態系に有害な影響を及ぼす恐れがあります。大気中の化学変化を調べるための「スモッグチャンバー」と呼ばれる装置を使って、光化学オキシダントや二次有機エアロゾル(PM2.5の主要成分の一つ)の発生に関連する化学変化のメカニズムの解明に取り組んでいます。
略歴
1996  東京工業大学大学院博士(理学)取得
1996-1999 東京工業大学理学部助手
1999-2001 国立環境研究所研究員
2001-2018 国立環境研究所主任研究員
2009-2010 米カリフォルニア大学リバーサイド校客員研究員
2018-   現職

URL
https://scholar.google.co.jp/citations?user=iMbJfVoAAAAJ&hl=ja
所属学会
日本化学会,日本地球惑星科学連合,日本エアロゾル学会,分子科学会,American Association for Aerosol Research,大気環境学会,日本大気化学会
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • その他
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演
所の刊行物
委員会活動
  • 2018年度 : 平成30年度非常勤講師(環境マネジメントセミナーA) (京都大学大学院地球環境学堂)
  • 2017年度 : 日本化学会関東支部代表正会員 ((公社)日本化学会)
  • 2016年度 : 日本化学会関東支部幹事 ((公社)日本化学会関東支部)
  • 2015年度 : 日本化学会関東支部幹事 ((公社)日本化学会関東支部)
  • 2014年度 : 京都大学大学院地球環境学舎 特任教授 (京都大学大学院地球環境学舎)
  • 2013年度 : 平成25年度「微小粒子状物質(PM2.5)二次生成粒子の挙動解明に関する文献調査検討会」検討委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2007年度 : 学位論文審査委員会委員(副査) (筑波大学学務部)
受賞
  • 2018年 : 最優秀論文賞 (大気環境学会)
  • 2013年 : 論文賞 (日本エアロゾル学会)
  • 2007年 : Hot Article Award Analytical Sciences (日本分析学会)
学会活動
  • 2018年度 : 日本エアロゾル学会 : 日本エアロゾル学会エアロゾル研究編集委員
  • 2017年度 : 日本エアロゾル学会 : 日本エアロゾル学会論文賞選考委員会出席
  • 2010年度 : 日本エアロゾル学会 : 日本エアロゾル学会編集委員