ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2017年9月29日

過去の環境儀から

これまでの環境儀から、陸域生態系に関するものを紹介します。

No.63 『世界の屋根』から地球温暖化を探る
─青海・チベット草原の炭素収支

No.63表紙

森林は温暖化の主要因である大気中の二酸化炭素の吸収源として期待されていますが、森林とほぼ同じ面積を占める草原の吸収能力についてはあまり把握されていませんでした。そこで、地球上最も広大な草原が広がるユーラシア大陸の中で最も標高が高く、地上の「秘境」とも呼ばれる青海・チベット草原に着目し、さまざまな角度から温暖化関連研究を展開しました。63号では、草原生態系の炭素収支の重要性、そして土壌への炭素蓄積を含む生態系への温暖化影響の長期モニタリング研究について解説しています。

NO.28 森の息づかいを測る
─森林生態系のCO2フラックス観測研究

No.28表紙

地球温暖化問題に取り組むうえで、地球レベルの炭素循環の理解は不可欠です。28号では、これまで継続的に観測することが難しかった森林全体のCO2吸収・放出量の観測に取り組んだ「森林生態系炭素収支モニタリング」プロジェクトを紹介しています。

No.4 熱帯林
─持続可能な森林管理をめざして

No.4表紙

熱帯林地域は、世界でもっとも多様な動植物を含む生態系が作り上げられている種の宝庫です。しかし近年、熱帯林は急速な減少を続けています。本号では、国立環境研究所が取り組んできたマレーシアの熱帯林での基礎研究の積み重ねの概略を紹介しながら、これ以上の熱帯林の破壊をくい止める手法としての「持続可能な森林管理」について考えます。

関連新着情報

関連記事

関連研究報告書